ツイッター集客を具体的に解説|フォロワーへのアプローチ方法

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

ツイッターでは
様々な人がそれぞれの目的をもって
アカウントを運用をしていますよね。

 

きっと、

 

Noteで稼ぎたい、影響力をつけたい、
集客をしたい、営業をしたい、人脈が欲しい、

 

と、思惑は様々でしょう。

 

僕自身は、というと
ツイッターは主に集客のために
アカウント運用をしています。

 

「集客」というと温度感がないので、、、

 

言い換えるなら

「自分のメディアに案内するため」

ということですね。

 

ネットビジネスに取り組むうえで
DRMが最強のビジネスモデルなわけですが、、、

 

>>ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)でネットビジネスを攻略しよう

 

ツイッターはDRMの第1段階である
「集客」をするうえで
非常に取り組みやすいSNSなのです。

 

というのもアカウントの育成が
それほど難しくないですし、
運用ノウハウが簡単に手に入る、
ということが大きいです。

 

実際、ぼくもツイッターからの集客で
毎月100名程度のリストを取っています。

 

Web集客をするために
ブログ、ユーチューブといった
ストック型のメディアを育てていくのは
もちろん大事なことなのですが、

 

ストック型メディアはとにかく
育つのに時間がかかるわけです。
真面目に半年くらいは必要、とすれば
まずはツイッター集客から取り組むべきですね。

 

今回は、

 

  • 集客総論
  • ツイッター集客具体論

 

というテーマで掘り下げていきます。

 

ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

 

集客とは(集客総論)

 

DRMにおける集客は

 

「自分のクローズドなメディアに来てもらうこと」

 

という理解でオッケーです。

 

SNS、ブログ、ユーチューブといった
多くの人が集まるプラットフォームから
クローズドなメディアに集まってもらうわけです。

 

クローズドなメディアとは、
メルマガとか公式LINEですね。

 

集客は様々なプラットフォームで
同時並行で情報発信していくことが有効ですが、
効率的にメディアを更新していくには、
「1コンテンツマルチユース」の考え方が大事です。

>>1コンテンツマルチユースとは|コンテンツをリサイクルして効率化

 

DRMの集客⇒教育⇒販売のステップのうち
教育と販売は自動化する方法があるのですが、
集客はある程度パワー勝負になります。

 

その際、
上記の考え方は必須ですので
復習しておきましょう。

 

クローズドなメディア

 

メルマガや公式LINEに
なぜ人を集めるのか?

 

それは、発信の制約もなく
読者が他の情報に触れることもなく、
自分の価値観や思想だけに触れてもらえる
メディアだからです。

 

好きなことを発信して
好きなように読者さんを教育できる場所。

 

読者さんはそこで他の誰かよりも
深くあなたの発信に共感するため、
商品・サービスのオファーの成約率は
圧倒的に高まるのです。

 

プレゼントの価値>登録の手間

 

集客の基本は、

 

「プレゼントの価値>登録の手間」

 

です。

 

集客をするなら、
必ず登録のお礼を用意しましょう。

 

「メルマガor公式LINEに登録してくれたら、
   〇〇〇をプレゼントします!」

 

という具合に登録と引き換えに
価値を感じてもらうプレゼントを渡すのです。

 

このとき、読者さんの心の中で、

 

「プレゼントの価値>登録の手間」

 

という大小関係になったときに
集客に応じてくれるわけです。

 

ツイッター集客とは

 

ここまで集客の全体像を話してきました。

 

ここからは、
ツイッター集客の具体的な話について
触れていこうと思います。

 

ツイッターでは
どのように集客すればいいのか?
競合分析や自身の経験からまとめていきますね。

 

主に以下のような方法があります。

 

  • ダイレクトメールで営業
  • プルフィールにリンクを貼る
  • 固定ツイートにリンクを貼る
  • ツイートにリンクを貼る

 

ひとつずつ解説していきますね。

 

ダイレクトメールで営業

 

ツイッターでは唯一と言っていいほど、
直接的なアプローチをすることができます。

 

  • プレゼントを用意していること
  • メルマガ、公式LINEに登録してほしいこと

 

直接的に伝えることができるので
一番反応を取れる方法です。

 

ただ、ツイッター界隈には
DMで怪しげな案件を送ってくる方が多く、
DM自体に嫌悪感を抱く方もいらっしゃるので
迷惑そうにされたらすぐに引くようにしましょう。

 

プルフィールにリンクを貼る

 

プロフィールには
Webサイト等のリンクを貼れる場所があります。

 

ツイッターのユーザーは、
「有益なツイート⇒プロフィールを見る⇒フォローする」
という導線でフォローへと至るので
その際は必ずプロフィールに目を通すことになります。

 

あなたに興味を持ってくれた人なら
あなたのメディアへのリンクを踏んでくれる
可能性が高いでしょう。

 

もちろん、登録特典があることを
書いておくことをお忘れなく!

 

固定ツイートにリンクを貼る

 

固定ツイート機能というものがあり、
ひとつのツイートをタイムラインの頭に
ずっと留めておくことができます。

 

そこにあなたのメディアへの
誘導をするようなツイートを置いておくのです。

 

リンクの先に興味を持つような
メッセージと登録特典があることを添えて
固定ツイートを設置しておきましょう。

 

ツイートにリンクを貼る

 

ツイートにメルマガや
公式LINEのリンクを貼って、
登録を促すという方法もあります。

 

もちろん、ただリンクを流すだけでは
登録してもらうのは難しいので、

 

登録するベネフィットを伝えたり、
リンクの先への興味性を煽るツイートを
添えるようにしてみてください。

 

たとえば、

 

「ツイッターでは教えられない
 半年間100万円のコンサルで習得した
 勝ち組のビジネス戦略を公開中…>>リンク」

 

みたいな感じの(適当ですが)ツイートを
たまに流す程度ならフォロワーさんも離れないでしょう。
流し過ぎは普通に嫌がられます。

 

まとめ

 

今回は集客の総論(本質)と、
ツイッタ―集客の具体的な話について
解説しましたがいかがでしたでしょうか?

 

ツイッター集客で意識すべきことは、

 

「クローズドなメディアへの導線をたくさんつくること」

 

だったりします。

 

これはブログでも同じことが言えますが、
入り口が多ければ多いほど、
あなたに少しでも興味を持ってくれた人が
メルマガや公式LINEを訪れてくれるようになります。

 

集客ができている人は、
どこからでもLP(メルマガ登録フォーム)に
飛ぶような導線設計になっています。
(競合を意識してみてください。)

 

集客の完成系はその形になります。
ですが、まずはできそうなものから
取り組んでみていただければと思います。

 

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です