ツイッターアカウントの開設方法|複数アカウント開設の注意点

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

インターネットビジネスでは、
ブログ、ユーチューブ、SNSを組み合わせて
情報発信していくわけですが、

 

「SNSはどれをやればいいの?」

 

という疑問には、
迷わずツイッターをやりましょう!
とお答えします。

 

個人的に得意なSNSだからというのもありますが、
拡散性があるのと運用も手軽でアカウントを複数持てる、
などなどメリットがたくさんあるからですね。

 

今回は、
ツイッターの前提知識を共有するとともに
アカウントの開設方法や、複数アカウント開設の注意点
についてまとめていきますね。

 

ちなみに「りょう」のツイッターの
メインアカウントは当ブログサイドバーに
掲載しておりますのでフォローいただけますと幸いです。
ぜひ、いいねなどやりとりしましょう!

 

それではさっそく内容に入っていきますので
最後までお付き合いいただければと思います。

 

ツイッターとは

 

ツイッターは
国内では利用者4,500万人以上。
世界全体の利用者数は億人を超えるなど
利用者がとても多いSNSとなっています。

 

主な機能はツイートという
140文字制限の投稿をするというもの。
他のSNSとの大きな違いとして
リツイートという拡散機能があることです。

 

ユーザー層は20~30代の比較的若い層が多く
趣味や興味で多くの人と気軽に繋がることができます。

 

ここまでツイッターの特徴を
つらつら書きましたがポイントとしては、

 

  • ユーザー層は比較的若い世代(20代~30代)
  • リツイートという拡散機能に優れている

 

拡散力に優れるからこそ
“バズ”と言われるような強力な
拡散が発生しうるのですね。

 

個人的にはほかのSNSと比べて
このツイッターはとても使いやすいです。

 

もちろん拡散機能も魅力的ではありますが、
機能がツイート(投稿)、フォロー、いいねなど
シンプルでわかりやすい操作性がありがたいです。

 

また、ビジネス利用するうえでも
複数アカウントを保有することもできるので
SNSで様々な顔を持つことも可能となります。

 

つまり、稼ぐ系、ダイエット、恋愛、仕事術、、、

 

と、様々な情報発信ができるわけで
コンテンツビジネスをするうえで
最適な環境が用意されていますね。

 

ツイッターをプライベート利用
されている方は多いと思いますが、
これからはビジネスのために
アカウントを育てていくとよいでしょう。

 

ツイッターを育てるメリットは
収益化に直結する以外にもたくさんありますからね!

 

アカウント開設方法

 

ツイッターアカウントを作成するためには、
電話番号orメールアドレスが必要になります。

 

g-mailやYahoo-mailであれば
いくらでも量産できるので
フリーアドレスで良いでしょう。

 

アカウントの運用方法が激しいと
電話番号認証を求められることもあり、
その場合に電話番号が必要になります。
もし、既に自分の番号を認証に使っていても
Googlevoiceという電話番号アカウントを
用意することで対応可能です。

 

いずれにしてもアカウント開設時は
フリーアドレスで十分でしょう。
アカウント開設で入力したアドレスに
認証コードが送られてくるので
それで認証を行えばアカウント開設完了です。

 

ツイッターサイトorアプリ

 

ツイッターのサイトは以下です。

 

>>https://twitter.com

 

webブラウザから開設できます。

 

または、iphoneならApp Store、
AndroidならGoogle Playから
アプリをダウンロードしてください。

 

それでは、iphoneの画面を見ながら
登録の流れを見ていきましょう。

 

アカウントを作成

 

ツイッターの「新しいアカウントを作成」
に進むと、名前(アカウントネーム)と電話または
メールアドレス求められます(左図)。

 

ここにフリーアドレス入力し、
「次へ」へと進むとアドレスに
認証コードが送られてきます(右図)。

 

ツイッター画面では
認証コードが求められていますので
送られてきた認証コードを入力して
「次へ」進んでください。

 

その後、以下の画面に遷移するので
「登録する」を選択してください。

 

 

プロフィールと自己紹介

 

上記まででアカウント作成は
完了していますがその後の流れを記載します。
なお、ここからの流れは「今はしない」が
選べますので後回しにできます。

 

 

 

アカウント完成

 

これまでの流れで
アカウントは完成します。

 

以下の図では、
画像もプロフィールも設定していないので
これからアカウントの作り込みが必要となります。

 

事前にアドレスを取得しておく必要がありますが、
アカウントの作成自体は2~3分でできます。

 

複数アカウント開設の注意点

 

最後に、
複数アカウントを作成する場合の
注意点を書いていきますね。

 

複数アカウントは
プライベート利用する場合でも
作ることがあるでしょうし、
ビジネス利用では様々な用途で
必用になります。

 

それこそ、
自動化したり、サブアカウントにしたり、
メインアカウントを拡散したり、
別ジャンルの発信をしたりですね。

 

その際に、気を付けなければいけないのが
「連鎖凍結」です。

 

これは経験則の話になってきますが、

 

【短期間で複数アカウントを作成】

 

これはほぼ確実にツイッターから
凍結を食らうということがわかっています。
主にスパム対策だとは思いますが、、、

 

特に、同一IPアドレスから
複数アカウントを作成することで
マークされやすいようなので注意してください。

 

結論、複数アカウントを作成するなら、

 

アカウント作成には数日間空けつつ
(可能であれば)IPアドレスを変更して作成する。

 

ということを意識してくださいね!

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

わがままな生き方を実現する「ロードマップ」を今だけ無料公開

 

僕はまったくの初心者からネット起業して
情報発信ビジネスで7か月目に月収50万円を達成しました。

その後、月収6桁安定、最高月収は70万円を超えました。


現在は、独自コンテンツ販売をしながら、
スモールビジネス構築支援として
個人や、個人事業主の方のコンサルティングもしています。


ブログやSNSでは、出すのをためらうような情報も
こちらの無料メルマガでは惜しみなく発信しています。


自己投資200万円以上で学んだ「正しい知識」
異次元レヴェルの起業家から継承された「スキルの数々」
情報発信ビジネスで、
ゼロから収入を生み出すロードマップをお話しています。


無料メール講座にご登録いただいた方には
ネットビジネススタートアップセミナー3本をプレゼントしています。


さらに、感想提出で有料販売(4,980円)している
有料note(β版)もプレゼントキャンペーン中です!


→メール講座を読んでみる



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール