ツイート集の作成方法を解説|ツイート作成ノウハウと注意点

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

別記事で「twittbot」を使って
ツイッターアカウントをボット化する方法を
解説しておりますが、

 

>>ツイッターアカウントに自動ツイートさせる方法|twittbotの使い方を解説

 

ツイッターアカウントに搭載する、

 

「ツイート集」

 

について深堀りしていきたいと思います。

 

ボット化するうえでは
ある程度のツイートの量が必要です。
個人的には200程度は欲しいかな、という感じです。

 

これ言うと、
コンサル生さんも「え~」
おっしゃるのですが、、、笑

 

こう考えてください。

 

ツイッターはフロー型のメディアで
ツイートは流れて行っちゃいますけど、
ツイート集にしてボットに搭載するなら
それはネット上の資産になってくれます。

 

一度苦労して作成すれば、
小さくはありますが「価値提供の仕組み」
と呼べるものができあがるのです。

 

つまり、積み上げることができる、
ということですね。

 

実際、僕自身ビジネス開始当初に作成した
ツイート集をいまだに使いまわしています笑

 

今見返すと拙い文章でしたが、
ちゃんとリプライやいいねがつくので、
一応、“現役のツイート集”ということでよいかと、、、
つまり、1年近く使えてるわけです。
コスパ良いですよね?

 

それでは今回は、
ツイート集を作成することを目的に
ツイートのつくり方(初心者向け)や、
効率的なツイート集のつくり方を解説しますね。

 

ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

 

ツイートのつくり方

 

僕自身、ツイッターで
「インフルエンサー」と呼ばれるほど
アカウントを育てたことはないのですが、

 

メインアカウントは、
凍結のため再スタートしていますが、
フォロワー3000弱まで育成しました。
サブアカウントも、
フォロワー4000弱まで育成しています。

 

フォロワー数で
実力が測れるわけではないですが、
ビジネス利用において相応の
知見があることが伝わればと思います。

 

で、基本のツイートの仕方について
もちろん自由につぶやけば良いのですが、
いくつか初心者向けにコツをお伝えしますね。

 

実践していただけるように
簡単に3つにまとめます!

 

  • 誰に向けて(ターゲット)を明確化
  • PREP法を意識して140字にまとめる
  • 具体的な知識・経験がなければマインド系

 

 

それぞれ詳しく見ていきますね。

 

誰に向けて(ターゲット)を明確化

 

まずはツイートするうえで
ターゲットを明確にしましょう、
というポイントですね。

 

要するに、

 

「たった一人に向けて書きましょう」

 

ということです。

 

文章は基本的に「誰に」を意識すると
メッセージ性の強い文章になります。
これは、ツイートでも同様なのです。

 

情報発信全般に言えることですが、
ターゲットが明確ならひとつひとつの言葉が
読み手に響くようになります。

 

ターゲットは超明確なら

 

「コピーライティングのスキルは不要!」

 

と言われるほどです。

 

それだけターゲット設定は大事、
ということですね。

 

あなたの情報発信を「誰か」
つまり、最終的にお客さんになって欲しい人
に向けてツイートするようにしましょう。

 

PREP法を意識して140字にまとめる

 

特に初心者のうちは、
有名な「PREP法」を意識して
ツイートしておけば
それらしいコンテンツになります。

 

140字という文字数制限に
伝えたいことを綺麗にまとめるには、
伝わりやすい文章の型が不可欠です。

 

PREP法とは、

 

  • P(Point):結論
  • R(Reason):理由
  • E(Example):例え話、具体例
  • P(Point):再度結論

 

というPREPの流れに沿って
文章を組み立てていく型のことです。

 

この流れで文章を書くと説得力があり
なおかつすーっと読みやすくなります。

 

たとえば、

 

P:ツイートはPREP法で書きましょう。

R:140字制限で言いたいことを伝えるには
   読み手に伝わりやすい型を使うのが不可欠だから。

E:ブログ記事、セールスレター、Web広告、、、
   プロが書く文章でさえ「型」は使われています。

P:このとおり、PREP法はツイートに最適です。

 

PREP法をテーマに
PREP法に沿ってツイートする例なので
少し乱暴ですがこんなイメージです笑

 

具体的な知識・経験がなければマインド系

 

「何をツイートすればいいのかわからない」

 

という人に向けてですが、
最初から専門的な知識や経験を
発信する必要はありませんよ。

 

発信することが何もないなら
発信する内容をインプットして
アウトプットしていけば十分ですからね。

 

で、初心者は「マインドセット系」
のツイートをつくるようにするとよいですね。

 

  • やる気の出る言葉
  • 前向きになれる言葉
  • 行動したくなる言葉

 

モチベーションを高めてくれるような
ポジティブな言葉は万人受けします。

 

当ブログでもマインドセットに関する
コンテンツを作成していますので
ぜひツイートのネタにしてください。

 

効率的なツイート集作成方法

 

ここまでは真面目にツイートを
作成する方法を解説しました。

 

でも、

 

「200個もツイート作成するのはしんどい!」

 

という方も出てくると思います。

 

そこで、もうひとつ
ネタの発想不要で一気にツイート集を
作成する方法をお伝えします。

 

それは、

 

「人のツイートをパクる」

 

というものです。

 

パクる!?というとダークなイメージを
持たれてしまうかもしれませんが、
コピペはダメですが、パクリはオッケーです。

 

この違いは大丈夫ですか?

 

要するに、ツイートの趣旨を
抜き取って、自分なりの経験談を交えて
自分の言葉でリメイクする、ということです。

 

ビジネスの世界では
上手にパクることが必須スキルです。
というか、多くの有益な情報発信も
そのほとんどの元ネタがあります。

 

コピペは問題になりますが
上手にパクることは推奨されるし
むしろ必須スキルだと覚えておいてください。

 

便利ツール「Twilog」

 

ここで、誰かのツイートをもとに
自分のツイート集を作成したいときに
便利なツール「Twilog」についてご紹介します。

 

【Twilog】

>>https://twilog.org/

 

 

ツイッターアカウントの登録が必要ですが、
左図の「ログイン」⇒右図の「Sign in with Twitter」。

 

 

左図の「Authorize app」を押せばログイン完了です。

 

右図のような画面になりますので、
右上の検索ボックスからツイートをパクりたい
アカウントを検索してください。

 

そうすると、
該当のアカウントのツイートを
上からバーッとコピーすることができるので、

 

テキストエディタや
Wordにペーストしたうえで
自分の言葉、経験、思考をベースに
リライトしてください。

 

ツイッター上では、
ツイートをひとつずつタップしないと
ツイートのコピーができないので
一気にやるならこの「Twilog」はおすすめです。

 

まとめ

 

今回は、ツイートの作成方法と
効率的なツイート集のつくり方について
解説しましたがいかがでしたでしょうか?

 

先述のとおり、
ツイート集は一度作るだけで、
今後も利用できるネット上の資産になります。

 

最初はツイートすること自体
大変に感じるかもしれませんが、
140文字のツイートは最も手軽に作れる
最小単位のコンテンツです。

 

ツイッター運用の練習のつもりで
まず200個作ってみると良いでしょう笑

 

200個作り終えるころには
ツイートのネタも自然と浮かんできますし、
難なくツイートできるようになっていますよ!

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です