【期間限定】公式LINE追加で豪華特典プレゼント中

コピーライティングの上達方法とは|写経について解説

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

「コピーライティングを上達するには
どうやって学習していけばいいの?」

 

コピーを学ぶメリットを知ると
こうした疑問が出てくると思いますので、
今回は王道のトレーニング方法とされている
「写経」について説明していきますね。

 

写経というのは、文字どおり
文章をそのまま書き写すことでして
じゃあどんな文章を?というと、、、

 

読みやすい文章、
感情を刺激される文章、
商品を買ってしまった文章、

 

上記のような文章ですね。

 

つまり、あなたが魅力を感じた文章の
文章構成、文字の大きさ、改行のタイミング、
すべてそのまま再現するというトレーニングです。

 

その効果としては、
魅力的な文章を“書く感覚”を吸収できることです。
また、一言一句逃さず読むことになるので
文章の内容の吸収率も高まるという効果もあります。

 

「書き写していくだけで上達するの?」

 

と思われそうな
地味なトレーニングではありますが、
魅力的な文章を書くコピーライターの方は
ほとんど写経をしている印象があります。

 

ただ、魅力的な文章を
闇雲に書き写していくだけでは
効果が薄くなるどころか意味がないのです。

 

押さえなければいけない注意点があります。

 

それでは今回は、

 

  • 写経の方法
  • 写経の注意点

 

について解説していきます。

 

ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

 

写経の方法

写経とは、
お寺でお経を書き写していくアレのことですが
文章力を鍛えるための写経というのは、

 

自分が理想とする文章の
文章構成、文字の大きさ、改行のタイミング、、、
これらすべてをそのまま書き写していく
トレーニング方法です。

 

僕は最初、手書きでやるように習ったので
ノートに手書きでガリガリ書いてました、、、

 

でも、漏れなく腕が痛くて
ビジネスどころではなくなるので、、笑
パソコンのテキストエディタや
ワードにタイピングしていくので十分でしょう。

 

写経の何が素晴らしいかというと、
理想とする文章の書き方が自分に浸透することですね。

 

文章の言い回し、論理展開、心理トリガーの使い方、、
さらに文章も一字一句読むことになるので
インプットにもなるので一石二鳥でもあります。

 

ちなみにタイピングが遅すぎると
写経に挫折する可能性が高いです。

 

というか、
ネットビジネスに取り組むうえで
文字入力はある程度早くできた方が良いので、
事前に練習しておくと良いでしょう。

 

1日練習すればそこそこ早く打てるようになります。

 

何を写経すればいいのか

 

これはあなたが、

 

「何の文章を鍛えたいのか」

 

によって変わってきます。

 

たとえば、
メルマガの文章を磨くために
写経をしようと思うなら、
あなたが理想とするメルマガ配信者の
メルマガを写経するべきでしょう。

 

また、
ブログの文章を磨くために
写経しようと思うなら、
あなたが理想とするブロガーの
ブログを写経するべきでしょう。

 

極論、ツイッターでも
こんなツイートしたい!という
発信者がいるなら、
ツイートの写経も有効なんですよ。
僕もやっていた時期があります。

 

という具合に、
自分が文章力を磨きたい媒体の
理想とする発信者の文章を写経する、
というのが答えになりますね。

 

どれくらい写経すればいいのか

 

「どれくらい写経すれば良いのか?」

 

についてですが、
これは書きたい文章量の「10倍」が目安である、
と言われています。

 

つまり、3000文字のブログを書くなら
最低でも3万文字は理想とするブログ記事を
写経しておくと良いでしょう。

 

1万文字のセールスレターを書くなら、
最低でも10万文字のセールスレターを
写経しておくと良いでしょう。

 

2000文字のメルマガを書くなら、、、、
(以下略)

 

という具合に、
あなたがどれくらいの文章量を書くのか、
に合わせて写経でトレーニングする文章量も
変わってくるというわけです。

 

写経の注意点

写経すると理想とする文章が
自分自身のライティングに影響するわけですが、
ただ書き写すだけでは写経効果は激減します。

 

何にも考えずにパソコンを叩きまくって
理想の文章を再現するだけじゃダメってことです。

 

努力はめちゃくちゃ大事なのですが
そこに思考がなければ努力も裏切るのです。

 

「じゃあどうすればいいの?」

 

というところですが、
最低限のコピーライティングの基礎、
ビジネスに関する心理学を学んでおくことですね。
当サイトでもまとめておりますのでご参照ください。

 

コピーライティングの基礎的な知識
ライティングの型、心理トリガーを頭に入れておけば
写経しながら“文章の意図”“一文一文の役割”
吸収していくことができるようになります。

 

たとえば、

 

「この文章のかたまりでは自己開示をしているな、、、」

 

とか、

 

「この文章では実績を出して権威性を使っているな、、、」

 

とかですね。

 

実際に売れている人の文章で
このようなコピーのテクニックを
学ぶこと自体に価値があるのです。

 

文章力向上だけでなく
このようなコピーライティングの視点も持って
写経トレーニングをしていくことで、
上手い文章になるだけでなく
稼げる文章を書けるようになるでしょう。

 

まとめ

今回は「写経」というライティングの
トレーニング方法と注意点についてまとめましたが
いかがでしたでしょうか?

 

インターネット上でコンテンツをつくり
情報発信していくうえでは、
文章を書くことからは逃れることはできません。

 

コンテンツであり、
ブログ記事であり、
メルマガであり、

 

ネット上の文章は
あなた自身であり、あなた自身の実力
そして発信力が体現されたものなのです。

 

つまり、
文章力を上げることができれば
ネットビジネスにおける収入も
高めることができるでしょう。

 

最初は誰しも拙い文章しか書けません。

 

でも、上手い人の文章をまねていれば、
少しずつ上達を実感できますよ。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール