≫ 管理人「りょう」はこんな人(プロフィール)

【下克上】後発組が勝つためのランチェスター戦略|知らなければジリ貧です

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

ビジネスを学び、実践していると、
こんな言葉を聞くことはありませんか?

 

「マネすれば稼げる」

 

・・・うん、確かに、
自己流をかましているせいで
稼げていない人もかなりいるのは確かです。

 

特に、ゼロイチ(初期実績)までは
素直に言われるがままにマネする、
でオッケーです。

 

確かにね。

 

でも、ぶっちゃけ声を大にして
言いたいことなんですけど。。。

 

【 マネすべきでないこともマネしている人多過ぎ 】

 

という現象が発生しています。
(僕の見える範囲では。。)

 

それはひとえに、
今回の記事の表題にしている。。

 

「ランチェスター戦略」

 

を知らないからですね。

 

これを知らないで、
後発組が勝てるとは到底思えないです。
必要不可欠な知識、実践すべきノウハウです。

 

ちなみに、中田敦彦氏のYouTube大学で
この戦略の超絶詳しい解説が見れるのですが。。

 

・・・わかりやす過ぎますやん(笑)

 

という感想です。
トーク上手いのは憧れますね。。

 

・・・と、憧れるのはまた後にして
僕自身、この戦略を実践しているので、

もっと個人が稼ぐことに特化した
お話ができれば、と思っております。

 

なぜ、マネすれば稼げると言われるのに、
マネしないほうがいいこともある、
なんて僕が言うのか。。

 

最後まで読んでもらえれば
わかってもらえるかなと。

 

教育された素直さが身を亡ぼす

 

僕の話をします。

 

ネットビジネスと出会い、
新しい価値観がたくさん増えていきました。

 

素直であることが稼ぐために必須。
成功者をパクれば成功できる。
自己投資はめちゃくちゃ大事。

 

・・・確かにそうなんだが(笑)

 

これらは超重要なことです。

 

素直じゃない人は、
成功者の教えを正確に取り入れない、
そして、自己流をかまします。

 

もちろん、成功者をパクるのも大事です。

コピぺをするようなマインドの持ち主は
1人残らず滅びればいいと思いますが、

先人達が積み上げてきた
試行錯誤や仮説検証をまさか
自分の繰り返す意味はないよね、という感じ。

 

また、自己投資がなければ
僕自身、こうしてビジネスを継続して
いないでしょう。

 

もう、300万円以上、
環境や人脈や知識や経験に投資しましたが、
まったく後悔はしていません!
(嘘です。150万くらいはなかったことにしたいです。)

 

僕も経験上、これらの
発信者から語られる話は真実だと思っています。

 

でも、一方で、
盲目的に彼らの言葉に従っていた時期は
結果は伸びなかったよなー、と
振り返って思います。

 

・・・考えるとそれは当然の話です。

 

弱者が取るべき戦略を取っていなかったからです。

 

それに、こーいうことって、
発信者は教えてくれないんですよねえ。。

 

書籍等から概念を学んで
自分のビジネスに転用するか(”転用”は前田裕二さんのメモの魔力参照)、

本質を教えてくれる
最強のメンターに師事するか、

どちらかでしょうな(僕は後者)。

 

事実、僕って、
初期実績をつくるのは早かったんですよ。

・・・と言っても、ビジネスというほどの
ノウハウではないですが。

 

自己アフィリエイトとか不用品転売とか、
登竜門的なやつです。

 

でも、そこで完全に停滞しました。

 

成功者をパクるってドユコト?
具体的に一体何をすればいいってばよ!
何をどーいう順番でやればいいんだ!

 

・・・そもそも、
稼げるイメージ湧かないや。。泣

 

という具合に、
メンタルが不安定な日々を過ごすこと
なんと半年間!(よく諦めなかったね^^)

 

とあるマーケッターさん経由で
今の師匠を紹介していただいたのですが、

指導を受けた翌月に月収50万円を達成しました。
通話コンサル一回受けただけです(笑)

 

長い長いトンネルを抜けた途端、

自分の常識がドカーンと大きな音を立てぶっ飛びました。

 

「・・・売れた!」

 

成約したときは興奮して、
脳が痺れるような思いがしました。

あの感覚はまだ忘れられない。

 

ゼロイチ(初期実績)→イチジュウ(月収6桁越え)

 

・・・という感じで、
また1つ大きな壁を超えたのでした。

 

後発組は「弱者の戦略」で勝てる

 

じゃあ、僕がどうして
そんなに突然結果を出すことができたのか、

師匠がたった1度の通話で
僕に授けた戦略とはどんなものだったのか、
ポイントを絞ってお話しします。
(というのも、概念は本で学んでほしいから。)

 

それは、ランチェスター戦略という
成熟した市場で弱者が勝つための戦略です。

 

もともと、この戦略は
戦争下におけるランチェスターの法則が
源流にあるのですが、

ランチェスターの第一法則、
ランチェスターの第二法則、

という法則があり、ざっくり言うなら、

弱者は第一法則を使うことで、
強者は第二法則を使うことで、

有利に戦況が働くということです。

 

それぞれ公式化されており、
第二法則の方はリソースに余裕があるほうが
有利、と覚えておいてください。

 

そういう意味で強者です。
(さてさて、ビジネスにおけるリソースとは?)
(持つものと、持たざる者とは?)

 

詳しく知りたい方は
メルマガでメッセージ送ってくれたら、
解説動画(有料講座の一部)を渡します。
勉強熱心な方は特別待遇です(笑)

 

で、スモールビジネス屋さんである
我々なんかは、第一法則の理解はマストです。

 

・局地戦
・接近戦
・一騎打ち

 

それぞれ見ていきましょうか。

 

局地戦

 

これは市場を細分化して、
その細分化した市場でポジションを取る、
という考え方です。

 

・・・ドユコト?

 

これはこれからの
YouTube戦略に絡めて話すと
わかりやすそうです。

 

YouTube市場は、

 

①頑張って更新すればチャンネルが伸びる
②専門的なチャンネルがしっかり更新すれば伸びる
③より細分化した専門特化チャンネルで小さく始める ←new

 

と、なります。

 

市場というのは
プラットフォームと読み替えてもらっても
大きく意味は変わりませんが、

プレーヤーもユーザーも増えるほどに
成熟していき、簡単には伸びないようになる
運命なんですね(まあそりゃそうか。。)。

 

だからこそ、上記③のように
より絞り込んだ狭い市場でNO.1を目指す勢いで
勝ち上がることを目指すんです。

 

ここだったらさすがに負けないぜ~、みたいな。

 

①料理チャンネル
②和食チャンネル
③(料理名)チャンネル(もしくは権威性との掛け算)

 

ざっくりこんな感じです。
最初は狭いところで良いんです。

 

そこで勝つことができれば、
また別の市場(狭いところ)に移って、
自分の領土を広げていくイメージです。

 

接近戦

 

次に、接近戦ですが、
直接販売、直接サポートというような
強者や企業が(非効率で)できないことを
ガンガンやっていくことですね。

 

ネットビジネスというと、
自動化とか仕組化とか、

まるで最初から手放しで
収益を上げる魔法がある世界だと
勘違いする人も多いですが(僕は勘違いしてました)、

とどのつまり、
月収50~100万くらいであれば
接近戦で稼げてしまいます。

 

自動化や仕組化なんてしなくとも、

食べていけるレベルの収益を
稼ぐことができるということですね。

 

勘違いしてはいけないのは、
ネットビジネスで稼いでいる人達、
自動化、仕組化している人達は、

最初の頃は泥臭く、
接近戦で稼いでいた時期があるはずです。

 

彼らの今の姿を見てマネしようとすると、

弱者なのに強者の戦略を取るという、
何とも痛々しいことになります。
(多くの人がこの落とし穴に。。)

 

稼ぎたいなら、というか、
稼いだ先に理想の未来を描いているなら、
迷わず、この戦略を取り入れてください。

 

・・・最後に

 

一騎打ち

 

についてです。

ただ、繰り返しますが、
ランチェスター戦略はこれだけではなく、
この記事では特に重要なポイントに絞って
解説しています。

 

ぜひ、書籍をポチって
読んでみてください(ちなみに漫画版で十分です(笑))。

 

一騎打ちは、
ライバルの多いところに挑むのではなく、
明確な1人と争う場面を狙って攻めていこう、
という話です。

 

恋愛に話を移すとわかりやすいかと。

 

よくある話ですが、

 

彼氏のいない女子を口説くなら、
世界中の男がライバル、

彼氏のいる女子を口説くなら、
ライバルはたった1人。。

 

・・・みたいな(抽象的ですがこの感覚が近い)。

 

見込み客の思考をトレースしましょう。

 

誰を(もしくは何を)倒せば、
見込み客にとっての“唯一無二”になれるでしょうか。

 

決して、ライバルの発信者、
だけを指す話ではない、と思いますす。

 

・・・一騎打ち相手について、射程の熟考を。

 

手間のかかること(面倒くさいこと)を徹底的に

 

はい、最後にまとめていこうと思います。

 

ランチェスター戦略に絡めて
弱者(強者(NO.1)以外)の戦い方について
ポイントをまとめていきました。

 

・・・これって成功者をマネしている限り
実践しそうにもない立ち回りじゃないですか?

 

だって、彼ら(成功者)は、
もうこんな立ち回りはしていないから(効率悪いから)。

 

で、せっかくなので
あなたのビジネスに取り入れて欲しいので、

この記事を読み直さなくて済むように、
伝えたいことを一言でまとめます。

 

それは、

 

「人が面倒くさがることを徹底的にやろう」

 

という言葉に尽きますかね。

 

いや、もちろん、意味のないことや
効果の低いこと、目的に直結しないことは
やらない前提はありますよ?

 

そのうえで、面倒くさいこと、
つまり、効率が悪いからこそ、強者や企業が
取り組まないことをガンガンやるんです。

 

だって、その立ち回りをするポジションがガラ空きだから。
(というか、強者が退いてくれて空いた)

 

会社とかでも
人が嫌がるような仕事を率先してやる人ほど
評価されるし結果も出してませんか?

 

こーいう人は、
成功するための上昇気流的なものに
乗れているんですよね。

 

絶対に損はないので(労力はかかるものの)、
ぜひ現実に落とし込んでみてくださいね。

 

では!

わがままな生き方を実現する「ロードマップ」を今だけ無料公開

 
僕はまったくの初心者からネット起業して
情報発信ビジネスで7か月目に月収50万円を達成しました。
その後、月収6桁安定、最高月収は100万円を超えました。

ただ、ビジネスを始める前の僕は
激務で身体を壊して休職。貯金残高0。パッとしない残念な奴でした。
起業してからの学び、出会い、経験が僕を変えてくれたんです。

現在は、独自コンテンツ販売をしながら
スモールビジネスを構築するプロとして
個人や、個人事業主の方のコンサルティングもしています。


ブログやSNSでは出すのをためらうような情報も
無料メルマガでは惜しみなく発信しています。


自己投資400万円以上で学んだ「正しい知識」
異次元レヴェルの起業家から継承された「スキルの数々」
情報発信ビジネスで、
ゼロから収入を生み出すロードマップをお話しています。

無料メール講座にご登録いただいた方には
ネットビジネススタートアップセミナー3本をプレゼントしています。

さらに、感想提出で有料販売(4,980円)中の
note(実績0→月収50万円手法)もプレゼント中です!

→メール講座を読んでみる


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です