【期間限定】公式LINE追加で豪華特典プレゼント中

ストック型とフロー型とは|媒体の特性を理解しよう

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

今回は、情報発信で利用する
ブログ、ユーチューブ、SNSを
ストック型フロー型という視点で捉えて
解説していきたいと思います。

 

インターネットビジネスでは、
いくつかの媒体(メディア)を組み合わせて
情報発信していくことになりますが、
それぞれの媒体の性質を理解したうえで
上手に使っていくことがとても大切です。

 

性質というのは、

 

  • ストック型:コンテンツが貯まっていく
  • フロー型:コンテンツが流れていく

 

という話なのですが、

 

この性質の違いを理解しないと
ネットビジネスの戦略を具体的に
立てることができませんからね、、、

 

具体的な戦略というのは、
どの媒体から集客するのか?
どの媒体で価値提供するのか?

どの媒体でリストを取るのか?
どの媒体でマネタイズ(収益化)するのか?
などなどです。

 

より詳細は別記事に譲りますが、
本記事では各媒体の性質について
詳しく見ていきたいと思います。

 

ストック型とフロー型の媒体がどれで
それぞれどのような強み弱みがあるのか、
ここをしっかり押さえておけば、
現状でどの媒体に注力するべきか
自分で判断してビジネスを進めることができます。

 

それでは、ストック型、フロー型、
それぞれの強み弱み、という順で見ていきましょう。

 

ストック型メディア

ストック型メディアといえば『 ブログ 』ですね。

 

ただ、本当の意味で資産化するのであれば
無料ブログではなく『 WordPress 』を使うようにしましょう。
あとは『 Youtube 』もストック型メディアに分類されます。

 

ストック型のメディアは、
発信した情報が蓄積されていくメディアです。

 

これが強みにもなるのですが、
過去に作成したコンテンツにも
アクセスしてもらえるため、

 

『 レバレッジが効く 』

 

と表現されることが多いように、
情報発信の効率が非常に良いのです。

 

一度作成した文章は、何度も何度も読まれ、
一度作成多動画は、何度も何度の再生される、

 

ということで、作成したコンテンツが
残り続け多くの人に価値提供してくれる
可能性を秘めているのです。

 

また、単純にコンテンツの蓄積があればあるほど
メディアとしての信頼をも上がっていきますよね。
もちろん、質が伴うことは前提なのですが、、、

 

媒体を育てるのには
時間がかかるのも特徴の一つなので
ビジネスに取り組むなら計画的に
コツコツ育てておきたいところです。

 

フロー型メディア

フロー型メディアと言えば『 SNS 』が挙げられます。

 

ツイッター、インスタグラム、フェイスブック、、、
どれもコンテンツを投稿しても流れて行っちゃいますよね。

 

過去のコンテンツには
基本的にアクセスは集まらないので
せっかく作ったコンテンツが流れていく、
という意味でもフロー型です。

 

ストック型メディアと比べると
情報のリアルタイム性があるのと
拡散力に優れたメディアが多いですね。

 

また、コミュニケーションが
前提になっているのも特徴のひとつで、
使い方次第ではビジネスに大きく貢献します。

 

さらに、媒体を育てるハードルがかなり低く
ストック型メディアと組み合わせることで
相乗効果でビジネスを拡大している人も多いです。

 

例えば、ブロガーさんなんかは
SEO(検索エンジン)の集客に留まらず
ツイッターフォロワーのアクセスを促して
ブログで収益化をしていますよね(SNS集客)。

 

SEO集客の不安定さを考えると、
SNS集客でリスクヘッジするのは
非常に良い戦略だと思って眺めています笑

 

まとめると、
SNSは媒体育成がわりと楽、
ストック型メディアにない拡散力があり、
コミュニケーション前提なので
集客の入り口として機能させることができる。

 

こんな理解で良いと思います。

 

まとめ(それぞれの強み弱み)

ストック型メディアとフロー型メディアについて
まとめましたがいかがでしたでしょうか?

 

ストック型もフロー型も、
それぞれに強みと弱みがあるので
結論を言ってしまえば、、、

 

どちらも育ててください笑

 

という話になります。

 

情報発信をしていくのであれば
SNSだけ、とかブログだけ、とかだと、
一点集中で良さそうな印象がありますが、
逆に非効率になりますし、リスクヘッジも大事ですよ。

 

リスクヘッジというのは、
いくつかの媒体に読者さんがついていれば
万一どれかの媒体に凍結や規制があったとしても
生きている媒体を起点にしてまた復活できるわけです。
もちろんダメージはでかいですが、、、

 

ここまでの話をまとめますと、

 

拡散力という点ではフロー型メディアが、
媒体育成の簡単さでもフロー型メディアが、
資産化するという意味ではストック型メディアが、

 

それぞれ優れているということになります。

 

いずれにしても自分媒体の読者さんには
SNS⇒ブログ⇒ユーチューブ⇒…と
回遊してもらっていろんな顔を見てもらうと良いです。

 

情報発信で興味を持ってもらい、
そして興味を持ってもらった後は
好きになってもらう必要がありますから、
そのためにはメディアを回遊してもらうことが
とても有効なのです。

 

『 あなた 』というテーマパークで
遊んでもらうイメージが近しいと思いますね。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール