【期間限定】公式LINE追加で豪華特典プレゼント中

返報性の原理とは|悪用厳禁の強力な心理誘導

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

インターネットビジネスに限らず
リアルな世界でも相手の反応を強く促す
強力な心理効果をご存知でしょうか?

 

それは、

 

『返報性の原理』

 

です。

 

簡単に言えば、
人は誰かに何かをしてもらったら、
お返しをせずにはいられない、という心理効果です。

 

これはめちゃくちゃ強力で、
呼吸をするように使いこなしていただきたい、
というレベルの知識(スキル)です。

 

特にインターネットビジネスでは
この心理効果をフル活用することなしに
ビジネスを進めることはできないのでは?
というくらい重要になります。

 

実際、インターネットビジネスでは
この「返報性の原理」を意識した
マーケティングが行われているのを
頻繁に目にする機会があります。

 

また、インターネットビジネスだけでなく、
リアルビジネスの世界でも当たり前すぎて
「あ、これ返報性の原理だ!」と、
気づかれないレベルのものが多いです笑

 

ということで今回は、

 

  • 返報性の原理とは
  • 返報性の原理の注意点

 

についてお話していきますね。

 

「返報性の原理」を学び、
この視点で世の中を見れば、至るところで
この心理が刺激されていることが実感できます。

 

ぜひ、あなたのビジネスにも取り入れて
「人を動かす力」を体感していただければと思います。

 

それでは、まずは全体像からお話しますので
最後までお付き合いいただければと思います。

 

返報性の原理とは

返報性の原理とは先述のとおり

 

「他人に与えられたり、好意を示されたときに
 自分もお返しをしたくなるという心理効果」

 

のことです。

 

このような心理が働くのは
他人に対して“借り”をつくることや、
一方的に与えられることへの
“抵抗感”が働くものと考えられます。

 

日常でも頻繁に目にするもので、
よく挙げられる例としては
スーパーの試食品がありあますね。

 

試食品を配っている店員さんに
焼きたてのウィンナーを渡されて一口、、、
美味しいからといよりも、
「一口もらってしまったから」
という理由で購入したことはないですか?

 

僕はなんとなく、
もらわないようにしているのですが、
それは「返報性の原理」が働くのが
本能的にわかっているからだろうな
と、あらためて思いますね笑

 

そのほかにも、

 

  • SNSでフォローやいいねをもらったらお返ししたくなる
  • 友人にお土産をもらったらお返しをしたくなる
  • おごられたら今度はおごらないといけない気がする
  • 仕事を手伝ってもらったら別のことでお返しをしたくなる

 

すべて「返報性の原理」が働いていますね。

 

こんな具合に日常の至るところで見られますし、
リアルビジネスの現場においても
この「返報性の原理」はフル活用されていますよ。
もちろん、試食品が一番わかりやすいですが、、、

 

たとえば営業マンなんて
この返報性を意識するのはめちゃくちゃ大事ですよね。

 

日頃からお客さんに価値提供をして
返報性が働くような関係ができているからこそ
提案をしたときに話を聞いてくれるわけですから。

 

インターネットビジネスでは

 

インターネットビジネスでも
この「返報性の原理」は使われています。

 

情報発信やコンテンツビジネスでの
基本のスタンスは“GIVE”していくことです。
こちらから与えるからこそ、オファーや、
アンケートの依頼に読者さんが反応してくれるわけです。

 

GIVEというのは、

 

  • 有益な情報を発信
  • モチベを上げる発信
  • コンテンツプレゼント
  • 無料通話コンサル募集

 

ほかにもあると思いますが、
要するに価値提供をしていくことですね。

 

読者さんと関係構築が大事、
というのはこのように日頃からのGIVEで
返報性の原理が発動する下地をつくること、
とも言えるでしょう。

 

と、言うと
「じゃあGIVEすればあとで自分に返ってくるのか」
と思われるでしょうが、
次の項で注意点をお話します。

 

返報性の原理の注意点

「返報性の原理」はとても強力です。

 

リアルビジネスでもインターネットビジネスでも
人間関係においても、これを意識するだけで
あなたにとって有利にことが運ぶようになります。

 

ただ、気をつけなければいけない
注意点が2つありますのでご説明しますね。

 

本当に有益なGIVEをする

 

これはある意味当たり前ですが、
相手が望んでいないGIVEをどれだけしても
「返報性の原理」は働きません。

 

相手が何をされたら嬉しいか、
お返しをしたいと思うのか、
このような目線のないGIVE
あまり意味がない、ということですね。

 

「これだけのモノを貰ってはお返しをしないと…」

「これだけのサービスを受けたら商品も購入しないと…」

 

というのが、
「返報性の原理」が働いている思考なので、
価値を感じてもらうことが大前提なわけですね。

 

つまり、有益なGIVEでないとだめ、ということです。

 

お返しを期待し過ぎない

 

「返報性の原理」という知識を得ると
多くの人がやってしまいそうなのが、
見返りを期待したGIVEをするということです。

 

お客さんはバカではないので
見返りを求めたGIVEなのか、
そうでないのかは、一瞬で見抜かれてしまいます。

 

あくまで、

 

「(見返りを求められていないのに)これだけのことをしてもらった…」

 

という心理が大事なわけであって、
見返りを求めているのがバレバレの価値提供では
このように思ってもらうことなんて無理ですよね、、、

 

だから、ここでの注意点は、
見返りを求めるマインドを捨てましょう、
ということです。

 

なにも、無償の愛を持てという話ではなく
自分の発信の読者さんには価値提供して当たり前
というマインドでいるくらいがちょうど良い、
ということですね。

 

まとめ

ここまで、
『返報性の原理とは』と『返報性の原理の注意点』
について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

繰り返しになりますが、「返報性の原理」
うまく活用できれば強力に作用する人間心理です。
そして、人間心理なので廃れる知識ではありません。

 

難しい話ではありませんが
注意点として説明した、

 

  • “有益な”GIVEをする
  • 見返りを期待しない

 

この2つをしっかりと踏まえて
あなたのビジネスで実践してみてください。

 

この人間心理をフル活用することで
あなたのビジネスは感謝されながら
売上も上がっていくことでしょう。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール