ブログのコンセプト&著者プロフィール

 

はじめまして、りょうです。

都内でサラリーマンとして働きながら
ネットビジネスに取り組んでいます。

 

具体的にはコンテンツ販売をしたり、

コンサルティングという形式で
生徒さんに知識や経験をお伝えしています。

 

知識もスキルもない状態から
コツコツとビジネススキルを磨いて、

7か月目にプロモーションをかけた際には
最大月収50万円を達成しました。

 

その後も継続的に活動していて、

会社員としての労働収入のほかに
もう1つ収入源を構築している感じですね。

 

いまではブログ、ユーチューブ、
ツイッター、公式LINEなどを通じて
僕の価値観やビジネススキルを発信しています。

 

僕が情報発信しているのは、

 

「会社や他人に依存しない生き方を『実力』で手に入れよう

 

という理念を広めて、
共感してくれる仲間を引き上げたい
と、
考えているからです。

 

なんかぼんやりしてない?
という感じですよね。

 

これについては、
僕自身の人生と絡めてお話ししないと
しっくりこないと思うので後ほど。

 

と、言いつつも
実際誰だおまえって感じかと思うので、
箇条書きで僕のことを書いておきます。

 

・ネットビジネス参入1年ちょい。7か月目に最大月収50万円達成。

・当初はノウハウコレクター化して稼げず200万円以上を自己投資。

・ビジネスのコンサルテイングを受けた初月に30万円を稼ぎ出す。

・趣味は漫画と映画と温泉と食べ歩き。今はビジネスの比重が大きい。

・サイトアフィリ挫折(月2万は稼げた)。1日10記事書く暇ないって笑。

・得意なビジネスはコンテンツビジネス(半不労所得構築)。

・公式LINEは購読者900名程度の規模。ほぼ毎日配信中。

・複数ジャンルのコンサルティング経験あり(稼ぐ系、ダイエット、個人塾)。

・異次元レベルのプロコンサルタントのもとで修業中(優しくも厳しい)。

・最近はオフラインも大事にしていてイベントには凸するつもりでいる。

・もし、ビジネスで大金を稼げたら建築士の母親に家を建てさせてあげたい。

・性格は、穏やかでわがままで、自己成長に繋がることが好き。

 

と、ビジネスの話だったり、
僕自身の話だったりごちゃごちゃしましたが
こんなやつです笑。

 

僕のビジネスの話に戻すと、

 

会社も辞めずにビジネスを構築して
月収50万円も稼いだなんて話を聞くと
何か悪いことしてるんじゃないか、
なんて思う人もいるかもしれませんが。

 

至極真っ当な個人ビジネスをしています。

 

というか、
ネットビジネスと聞くと
ネットワークビジネスと混同されたり、
秒速で1億円稼ぐ~のキャッチフレーズと
直結したりで怪しまれますが、

 

マジでちゃんとしたビジネスです笑。

 

お客さんを集めて、
お客さんが欲しいものを作って、
販売してアフターフォローする、
という具合にちゃんと価値を生んでいます。

 

7カ月で50万円は珍しい話でもありませんし、
僕の周りには1年経たずに月収100万円とか、
脱サラを達成した人もゴロゴロいます。

 

と、ネット起業というのは、
そういう世界なんだ、ということを
知ってもらえたらなと。

 

そもそも起業って
雇われの身からは危険に感じるかもですが、
僕みたいに小さく起業して、
それもネットならリスクなんてないです。

 

【最小のリスクで超最大のリターン】

 

誇張なくこのようなビジネスで
買わないのは損でしかない「爆上げ銘柄」です。

 

僕の情報発信の理念でも
自分のビジネスを持つことが前提なのは
このような理由からです。

 

また、ネットビジネスには
たくさんの種類があるのですが、
僕が取り組んでいるビジネスは

 

「コンテンツビジネス」

 

というやつです。

 

ネットを使った稼ぎ方では、
コンテンツビジネスが最強過ぎます。

 

「え、ブログは?」

 

と思われるかもしれませんが、
ブログを選択するのは修羅の道です。
もちろん、ブログ執筆が好きなら
それをやるべきですし(情熱が大事ですから)、
僕もブログを使ってはいますからね。

 

コンテンツビジネスというと
幅広くなりますが僕が語るのは

 

「ダイレクトレスポンスマーケティング」

 

略してDRMという
マーケティングモデルを含むものです。

 

・・・いきなり横文字を出しました汗

 

説明するのでついてきてくださいね。

 

通常のビジネスは

 

1.お客さんを集める(集客)
2.商品・サービスを売る(販売)

 

の2ステップなのですが、

 

DRMでは、

 

1.お客さんを集める(集客)
2.価値観を共有して信頼構築する(教育)
3.商品・サービスを売る(販売)

 

という3ステップを踏みます。

 

まとめると、お客さんを集めて
いきなり売り込むのではなく、
お客さんが買いたくなるような
教育というステップが加わるのです。

 

そんなに上手くいくのか?

 

と思われるかもしれませんが、
効果は絶大です。

 

人の心理は長い年月をかけて
変わるものではなく、

 

・人が集まる心理
・人がモノを買う心理

 

というのは
知識をつければアプローチ可能で
まさに個人が稼ぐスキルそのものです。

 

そして、ネット上に
コンテンツを量産することで、
ビジネスのほとんどを自動化することも
できてしまうんです。

 

デジタルコンテンツというのは
要するにネット上のあなたの分身になります。
24時間365日休みなく働いてくれるんです。
そんな分身がいればチートできますよね?

 

これがコンテンツビジネスが最強な理由です。

 

ブログは眠い目をこすって
記事を書き続けなければいけません。

 

物販は単純作業ばかりで
うんざりすることもあるでしょう。

 

FXや仮想通貨はゼロサムゲームで
誰かが勝つと誰かが負けています。

 

どれも肉体的、精神的な労働です。
本当の意味でお金も時間も心も自由になり、

 

「自分らしくストレスフリーな生き方」

 

を実現するなら
コンテンツビジネス一択なんです。

 

もし、あなたがネットビジネスを通じて、
会社や他人に依存する必要することなく
自分らしくストレスフリーな人生を望むなら
コンテンツビジネスを学んでみてください。

 

年収億超えの起業家を
次々と輩出しているビジネスモデルで、
最初にここにたどり着ける人は
ラッキーとも言われています。

 

このブログでも
コンテンツビジネスの視点で
情報を惜しみなく出していきますから
楽しみにしていてくださいね。

 

・・・と、偉そうに
ビジネスの話を語りましたが、
僕自身、まったくのゼロから
ビジネスを始めた経緯があります。

 

だから最初は
ミトコンドリアレベルの
雑魚ビジネスマンでした。
というかビジネスの素養なんて
あるわけがないわけで。

 

昔から内気なコミュ障で
何か1つのことを継続できた試しがなく、
自分に自信を感じたことは1度もありません。

 

何も成し遂げてこなかった人生は
強いコンプレックスになるんです。
そのせいで行動できなくなり
自己嫌悪を繰り返すという
悪循環にハマっていました。

 

でも、今では
ブログで自分の考えを表現して、
YouTube動画をアップしたり、
かなりイキったツイートをしています笑。

 

オンライン上だけで
キャラを変えているわけではなく、
諦めずに継続して結果を出したことで、
自信を持てるようになったのです。

 

いやいや、そんなに上手くいくんか?
と、思いますよね。

 

少なくとも、1年前の僕は
「怪しい…」と感じた気がします。
でも、それ以上に
ワクワク感が大きかったなと。

 

まあ、そんなやつが
このブログを書いているわけです。
そこだけ踏まえて読んでもらえたら
嬉しいです!

 

このブログのコンセプトは
僕の情報発信の理念と同じく、

 

「本気で『わがまま』を通すために
会社や他人に依存しない『実力』をつける

 

としています。

 

抽象的ですよね。
少しでもイメージしてもらうために
言葉を尽くしてお話しします。

 

多くの人は
会社や他人に振り回される人生を
歩んでいるのに文句も言わずに
受け入れています。

 

僕はそれがどうしても我慢できなかった。

 

時間は人生そのものですから。
だから、自分のためだけに時間を使いたい。
人生を他人のために燃やしたくない。

 

だから、

「本気で『わがまま』を通す」

ことにしたんです。

 

具体的には、

 

やりたいことだけをやり、
好きな人とだけ過ごして、
自分のペースで時間を使い、
住みたい場所にだけ住み、
行きたい場所にだけ行く、

 

そんな自分のための人生を
何が何でも手に入れるつもりです。
ぶっちゃけ、ビジネスを極めれば

ここに列挙したすべてを叶えることも
まったく難しくないです。

 

もし、あなたが

「こういう素直な生き方も悪くないじゃん」

と、思ってくれるなら、
是非、気になる記事から読んでみてください。

 

僕が自分のわがままを貫くために
手に入れたノウハウ~マインドセット、
思考力がメキメキと磨かれる記事を、
惜しみなく書いていきます。

 

そして、ブログのコンセプトや
僕の情報発信活動(記事)について、
僕の過去の経歴を共有しておくと
より理解しやすくなると思います。

 

なので、少しばかり
僕のこれまでの物語をお話ししますね。
赤裸々に描いていきます。

ーーーーーーーりょうの物語ーーーーーーーー

これまで僕は自分に自信を持てず
後悔ばかりの人生を送ってきました。

 

小学校~高校にかけてこじらせ過ぎた暗黒時代

 

高校卒業までの記憶は
とにかく酷いものです。

 

友達は少ない、スポーツも苦手、
勉強も高校入学をきっかけに
まったくついていけなくなりました。

 

人に誇れるものはないし、
自分に自信を持てなくて、

 

「誰かに好かれる理由がない」

 

という考えでした。

 

結果、どんどん卑屈に
なっていきましたね。

 

そのせいで友人はできないし、
楽しい学生生活に淡い期待を持って
入部した部活の仲間とも馴染めずに
毎日暗い顔をしてました。

 

高校ではサッカー部でしたが
3年間チームメイトとはほぼ口を聞かず。
(逆に良く続けたなと。)

 

卒業後、数年ぶりに
部活の集まりに顔を出したとき、

 

「え、普通に喋れるんだ?」

 

と驚かれたほどです(どんなだ笑)。

 

とにかく、
自分の行動や発言が
周りに不快感を与えたらどうしよう、
というくらいに思い詰めていました。

 

結果、そんな態度が周りを
イラつかせるという負のスパイラル。

 

今振り返ると
「自意識過剰かよ」
の一言ですが、

当時、自分のネガティブ思考を
直すことができませんでした。

 

僕だって本当は
楽しい学生生活にしたかった。
ほかの人達みたいに楽しそうに
過ごしたかった。

 

でも、現実は真逆で、
学校に行くのはとにかく苦しかったです。

 

ただ、この頃の
抑圧されていた感情や、
イケてない学生時代や、
理想と現実のギャップは、

 

今の僕に間違いなく繋がっています。

 

当時を振り返ると、
もっとこうすれば良かった、
ちゃんと発言すれば良かった、
勇気を出して飛び込めば良かった、

そんな後悔が鮮明に残っています。

 

だから、高校時代までと
同じ思いを2度としないことを
行動原理にしています。

 

後悔しまくったからこそ
後悔しない生き方を模索しているんです。

 

普通の人が選ばない道でも
あの頃の僕から見て
「すげー頑張ってるなー!」
と思われるやつになりたいですからね。

 

もちろん、

 

当時の自分は目の前のことに
いっぱいいっぱいでしたが、
振り返ってみて気付いたことです。

 

辛い学生生活でも
振り返ると学びがあって、

少しだけ勇気を出せば
後悔しない人生を歩めたはずだ、
という風に今は思えるのです。

 

それに、
この満たされない思いが
ビジネスに本気で取り組む
原動力になっています。

 

後悔だらけの学生時代を
取り戻す勢いでビジネスしてますからね。
若干歪んでるかもですが笑。

 

抑圧から解放された浪人時代

 

高校卒業後、
1年間の浪人生活を経験しました。

 

受験に関しては
親がお金をかけてくれて、
(長男ということで期待が、、)

 

都心の予備校に通うために
地元を離れることになったのです。
地元に良い思い出がなかったので、
寂しい気持ちは全くなかったです笑。

 

千葉県の学生寮に入り
1年間予備校に通いました。

 

で、浪人生の本分は勉強なのですが、
この当時、人間関係の自由を体感していました笑。

 

学生寮で気の合う友人と出会い、
一緒に勉強したり、食事をとったり、
受験後のことを話し合ったり、

 

高校までと大きく違うのは、

学校は決められた
クラスという集団にぶち込まれ、

そこに馴染めないと孤立する
ある意味ガチャみたいな空間。

 

これに対して浪人生は
人と仲良くなっても良いけど
ならなくてもいい、
これは大学も同じなのですが、

 

人間関係の自由って
僕みたいなやつには
めちゃくちゃ大事だなー、
と思いましたね。

 

だって、好きでもない人と
絡む必要はなくて
自分の好きな人とだけ
絡めばいいわけですから。

 

だから、浪人時代、
生まれて初めて家族以外に
居心地の良さを感じていましたね。
当時の仲間には感謝です。

 

立ち返って社会人の今はというと
人間関係を選ぶことはできません。

 

もちろん信頼できる、
尊敬できる上司や同僚に
囲まれることもありますが、

どうしても合わなかったり、
この人嫌だなー、、という人と
関わらざるを得ないこともあります。

 

仕事の悩みのほとんどは
人間関係とも言われますが、

僕みたいに
人付き合いが苦手な奴に
選べない人間関係はハードモードです。

 

ひとつの会社に勤めあげるという
これまでの常識からすると、

 

あと30年以上、
人間関係のしがらみに
耐え続ける必要がありますよね。
まじか、、って感じです。

 

だって、会社の人間関係こそ運です。

 

実際にパワハラ上司にあたって
メンタルを病んだ同期もいます。

 

僕自身、やべー人間関係に
囲まれたときに、

いつでも
「あ、じゃあ辞めますわ」
と言えるくらいの
余裕が欲しいところですが、

収入源を依存させないことが
まず大事なことですよね。
依存するから捨てられないんです。

 

これはビジネスを持つものとしての
ポジショントークではなく本気です。

 

自分でお金を稼ぐ術がないから
人間関係の不自由さを許容しないと
いけないんです。

 

人間関係の自由が欲しいなら
まずは経済的自立が優先ということですね。

 

お金以外の自由を手に入れた大学時代

 

1浪の末、東京の大学に入学しましたが、
大学生の感想は、

 

「大学サイコーかよ、、」

 

でしたね笑。

 

高校までの暗黒時代が嘘のように
充実した4年間でした。

 

人生の夏休みというのは誇張でもなく、
時間の余裕、人間関係の充実がありました。

 

大学生の頃は良かった、、
と言う人は多いと思いますが、
多くの学生はお金以外は
自由度高いですからね。

 

ただ僕は、お金がないことは
それほど気になりませんでした。

 

親が仕送りしてくれたのもありますが、
バイトすれば最低限の生活はできたし、

 

友達と旅行に行きたいとか、
高価な服でおしゃれしたいとか、
飲み会に明け暮れたいとか、

 

そういうお金がかかりそうな
行動パターンを持たなかったので、
手元のお金で十二分でした。

 

よく、ネットビジネスでは
「貧乏から抜け出したくて、、」
という話を目にしますが、

 

ここから考えるに僕は、
お金より時間や精神(人間関係)が
満たされているほうが
幸福度が高いなー、という感じです。

 

たとえば給料が倍になるとしても、
労働時間が倍増したり
人間関係が良好な職場を変える
ということには抵抗がありませんか?

 

僕は絶対に嫌です笑。

 

僕に限れば、
これまでは「お金お金!」
という時期はなくて
どちらかと言えば、
時間の余裕、
精神の余裕(人間関係)で
充実感は左右されてきました。

 

こうした過去の経験から
「お金よりも時間、精神の余裕」
という価値観が生まれたんだと思います。

 

だって、そもそも
お金なんてただのツールですからね。
いや、もちろん僕もお金は
めっちゃ好きです笑。

 

でも、お金を集めるだけでは
良いことは1つもなくて、
お金を使って望むものを得たいから
みんなお金が欲しいんですよね。

 

僕は、それが時間や精神的余裕
だったということですね。
だから、大学時代は満たされてたなーと。

 

こんな風に満たされた
4年間でしたが唯一の後悔は
参加していた部活動を
やりきれなかったことですね。

 

楽器経験ゼロから
ビックバンド(スイングガールズのあれ)
に所属してドラムを担当してたのですが、
まあ、上手くならなかった笑。

 

個人での練習方法とか、
自分のリソースの使い方、
部活動への取り組み姿勢、

 

今思うともっとこうすれば
良かったー!というのが沸いていきますが、
当時は自己肯定感が高くないので、
まあ、俺はこんなもんだろー、
と思ってました。

 

部活動はシビアで、
レギュラーバンドとそうでないバンドがあり、
3年生に上がる頃、レギュラーバンドに
参加できないと演奏機会がなくなる、
というものでした。

 

本来は、
レギュラーバンドに参加するための
オーディションを開き、
レギュラーメンバーと争うのですが、
ぶっちゃけ最初から諦めてたと思います。

 

今思えば、
もっと本気出せよという感じですが。

 

ただ、ここに至るまでの人生、
上手くいったことが1つもなくて
本気を出せば何かが変わるなんて
思えなかったんですよね。

 

もし当時に戻れるなら、、と
思うことが良くあります。
今なら絶対にガチでやりますから笑。

 

大学時代を思い返すと
とても充実した時間でした。

 

だけど、本気でやり切らなかったことが
いまだに後悔という形で
僕の中に残っているんです。

 

自己肯定感が低いことで
後悔の残る選択を繰り返しているなー、
と猛省すべきですね、、

 

社会人3年目に自律神経が崩壊して終わりを感じた話

 

次に、社会人になった後の話を
させてください。

 

僕がビジネスの世界に飛び込む
きっかけになったのは
激務で身体を壊したことなのですが、、

 

順を追って話していきますね。

 

卒業後、唯一内定をもらえた
都内の金融機関に就職しました。

 

僕が就職活動していたのは
就職難が叫ばれていた頃で、
自分を拾ってくれるならどこでもいい泣、
くらいに考えてたんですね。

 

結果、第一志望の金融機関から
内定をもらえたときは、

 

「うおおーーー(夢か?)!!」

 

と、アドレナリンの激流が
僕の頭の中を駆け巡るくらい
興奮してまくってましたね笑。

 

「入社したら仕事頑張ろう、、」

 

こんなことを考えつつ、
社会人生活をスタートしたことを
覚えています。

 

入社後、2年間は地方都市で働き
無難な社会人生活を送っていましたが、

 

転機になったのは
3年目の東京配属です。

 

2年ぶりの東京で、
学生時代の仲間と再会するのも束の間、
地獄のような激務が待っていました。

 

常に仕事を処理していかなければ
同僚に迷惑がかかるという余裕のなさ。

 

通常時も忙しいのに
四半期にはデスマーチかと思うくらい
膨大な仕事量をこなしていました。

 

休日は会社に忍び込み、
平日は始発に乗り、帰りは毎日23時過ぎ。

 

上司の顔色は土気色でしたし、
同じ部署の同期は痩せすぎて
絶対にやばいだろ、って感じでした。

 

僕としては
自分は大病したことはなく、健康だ、
という自負があったのですが、

1番最初に壊れたのは僕でした。

 

「自律神経失調症」

 

という病気?になり、
体調はめちゃくちゃ悪いのに
病院で診てもらっても
内臓的な問題はまったくない、
という症状です。

 

ストレス、疲労、生活習慣、、、etc

 

これらが
時間をかけて積み重なった結果で、

年単位で体調は戻りませんでしたね。

 

症状が出たときの話をすると、
駅のホームで電車を待っているときに
突然、身体に異変が起きたんです。

 

心臓が爆発するくらい高鳴り、
呼吸はできない、頭痛はえぐい、
めまいがして、声が出せない、

 

「あ、これもしかして死んじゃうやつ??」

 

さーーーっと
血の気が引いて命の終わりを
感じるほどに恐怖が押し寄せてきました。

 

そのまま駅員さんに助けを求めて
救急車で運ばれて、、

 

もうあんな思いはしたくないし、
これを読んでくれてるあなたにも
同じ思いはしてほしくないです。

 

(高ストレスや過重労働はある日突然身体を襲います、、)

 

何より、
あのタイミングで
人生が終わったとしたら
今でもゾッとします。

 

「死んじゃうかも、、!」

 

と感じたときに

 

「絶対に嫌だ、、、!」

「まだ何も成し遂げてないのに、、!」

 

という考えが頭を巡りました。

 

「どうせ自分には無理、、」

 

という言い訳ばかり、
何事も本気で取り組まず
無難な人生を過ごしてきましたが、

 

何も成し遂げずに終わりたくない、
という思いが沸いたのが新鮮でした。
その当時はこんなこと考える
余裕はありませんでしたが笑。

 

もし、命が終わるかも、
という経験をしてなかったら
おじいさんになって
寿命を迎える前になってやっと
気づいてたやつかもしれません笑。

 

結果として、この経験のおかげで
僕はビジネスにたどり着きました。

 

紆余曲折はありましたが、、笑。
次はその紆余曲折の話をします。

 

仮想通貨に夢を見て全財産を失う

 

激務で体調を崩した後は
仕事のペースを落としながらも
会社には通っていました。

 

ただ、当時は休みがちで
体調はなかなか安定しませんでした。
身体が思い通りにいかずに
様々な感情が混ざっていい年こいて
よく泣いてましたね。

 

で、そんな不安定なときに
出会ってしまったのが仮想通貨です。

 

僕が仮想通貨を知ったときは
バブルの少し前だったのですが、
これは来そうだ、、!という
雰囲気がビンビンしてました笑。

 

普段の僕なら
こんな怪しいギャンブルに
手を出すことはないのですが、

とにかく何か挑戦したかった、
仮想通貨で一攫千金を成した人も
現れ始めた頃で、

 

「もしかしてこれで人生逆転できる?」

 

なんてことを考えてましたね。

 

実際、最初に投じた資金は
見る見るうちに大きくなり、
1週間かそこらで300万円程度の
含み益が出ていました。

 

いよいよ億り人が現実化しそうだ、、
と、脳内お花畑だったわけですが、

 

その直後、
仮想通貨バブルは崩壊しました。
僕はというと
逃げ遅れてほぼお金を失いました笑。

 

幻の300万円、、、泣

 

300万円を元手に
1億円稼ごうとかマジで狂ってたので
リスク取りまくりでしたね。

 

すべて失いました笑。

 

その後も1年くらい、
仮想通貨投資(投機)に夢を見て
トレードを勉強したり、
情報商材を買ったり、
トレーダーのサロンに
入ったりしてましたが、、

 

コツコツ稼いでいた資金を
2019年のゴールデンウィークに
サクッと失うこととなりまして、

 

「あ、これを続けても意味ないな、、」

 

と目が覚めたのでした。

 

振り返って、
まずはお金にフォーカスしたことは
悪くはなかったと思います。

 

ほかの人は怪しく思い、
参入しなかった仮想通貨に飛び込んだのも
挑戦したこと自体に目を向ければ
まあ、よかったと思います。

 

身体を壊して
後悔しないように生きようと
決めているので行動はできてるな、と。

 

ただ、この場合、
手段が間違えていたな、と思いますね。
仮想通貨が好きなら良いのですが、
稼ぐことにフォーカスするなら

 

「積み上がるもの」

 

を選ばないとダメなんですよ。

 

たしかに世の中、
トレードで生活している人もいますが、
再現性という観点でいうと
圧倒的に低いと断言できます。

 

トレードの世界には
退場という言葉がありますが、

 

僕が大損して退場したとき、
ほかにも実力のあるトレーダーが
何人も一瞬の判断ミスで退場してました。

 

僕よりも
何倍も経験を積み、
何倍もお金を持ち、
何倍も努力をしている人が、

 

一瞬で退場する世界、、

 

シビア過ぎるだろ、、
って感じるとともに、

 

「これを続けても消耗するだけだ」

 

と、気づくことができました。

 

仮想通貨トレードの勉強に
1年くらい時間とお金をかけましたが、
これは違うと整理がついたので、
さっぱりと辞めることができました。

 

その後、
別の手段を探して情報収集する中、
出会ったのがインターネットビジネスです。

 

ビジネスとの出会いと7か月で月収50万円、さらなる高みへ

 

仮想通貨を引退してから
ツイッターで情報収集をする中で、

 

「ネットビジネス」

 

という存在を知りました。

 

最初はブログで稼いでいる
インフルエンサーの発信を見てましたが、

 

「こんなんマネできるわけない、、」

 

と、始める前に挫折。

 

紆余曲折あって
情報商材を購入したり、
コンサルを受けたりして、

 

最終的に、現在取り組んでいる
コンテンツビジネスに行き着いたわけです。

 

で、コンテンツビジネスを始めて、
7カ月目に月50万円を達成できてしまいました。

 

「マジか!凄すぎる、、!」

 

というのが感想で、
ちゃんと知識を仕入れて
行動し続ければ僕でもできるんだ、
という自信になりました。

 

だって、
会社の看板を背負っていないので
お客さんは僕個人に対して、
これだけの大金を払ってくれたわけです。

 

自信にならないわけがなく、
というか価値観が崩壊しました笑。

 

この経験に味を占めた僕は
さらに学んで実践して人に教えて感謝されて、、
というサイクルを回し始めました。

 

関わってくれた人に
もっと価値を感じてもらうために
稼いだお金はどんどん再投資して
自分のレベル上げに夢中になりました。

 

自己投資額は合計で200万以上、、笑

 

やり過ぎた感もありますが、
その過程で普通だったら
知り合えない人とも出会えたし、
魅力的な人と関わることができました。

 

ビジネスを通して
めちゃくちゃ世界が広がりましたね。
これはもちろん現在進行形です。

 

稼いだお金を再投資している、
というと、一見すると理解できないかもですが、
これが「資本主義の攻略法」なんですよ。

 

福沢諭吉の言葉のとおり、
「学びて富みて、冨みて学ぶ」
ということで、

 

学んで稼いで、稼いだお金でさらに学ぶ、
でもってさらに稼いでいこう、

 

これはそういう話ですからね。

 

だから、お金を稼いだら
銀行預金に寝かせておくよりも
頭に投資し続けることが優先なんです。

 

僕はこれからも
知識投資を続けていき、
自分の「実力」を高めていきます。

 

実力さえあれば、
お金を集めることができるし、
経済的に自立できれば、
わがままな生き方を体現できますからね。

ーーーーーりょうの物語終わりーーーーーー

あらためて現在、ブログコンセプトおさらい

 

いかがでしたか?

 

自分語りになりましたが
すべての経験が情報発信の理念や
ブログのコンセプトに繋がってます。

 

それは、

 

「本気で『わがまま』を通すために
会社や他人に依存しない『実力』をつける

 

というものです。

 

僕はこれまでの人生を振り返って、
もう2度と後悔したくないし、
充実した人生を諦めたくないし、
みんながしてるからという理由で
我慢なんてしたくないし、
とにかくわがままに生きていきたい、
もっとすごい人に会ってみたい、
という感じです(わがまま笑)。

 

で、わがままを通すなら
実力が必要になるわけです。

 

ちなみにこれは
「東京喰霊」という漫画の

 

「この世の不利益はすべて当人の能力不足」

 

というセリフに
インスパイアされてまして、

 

実力をつけないと
不利益を受けることになるよ、

 

ということであり、

 

利益を得たいなら、
わがままを通したいなら、
人生を充実させたいなら、
それに見合った実力をつけようね、

 

ということだとも解釈しています。

 

実力というのは
経済的自立に直結するような
知識、経験、スキルなどですが、
このあたりに関しては、
ブログの中で語っていきますね。

 

この記事では、
僕の人生がどれだけ平凡で
パッとしないものだったか伝わるかな、
と思いながら書きました。

 

極端に自分を下げることなく
これが僕のリアルな人生です。

 

こんなどこにでもいる
むしろ何をしてもダメだった僕でも
覚悟を決めてビジネスに取り組んだら
“成長”を超えて“進化”することができました。

 

「りょうさんのように自信がある人は、、」

 

通話コンサルのとき
こんな風に言われたことがあります笑。

 

ビジネスはそれだけ
人を進化させる劇薬だということです。

 

これを通して学べることは
幅広過ぎるし、本業にもプライベートにも
好循環が起こること間違いなしです。

 

と、僕の情報発信をきっかけに

 

「ビジネスっていいじゃん、、」

 

と思ってくれる人が出たら嬉しいです。

 

また、ブログのコンセプトでもある
わがままを通す、そのために実力をつける、
については、僕自身体現していくので、

この理念、コンセプトに
共感してくれる仲間が増えたら
嬉しいなー、と思います。

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

また、僕のメルマガでは
ブログのコンセプトと同様に、

 

「本気で『わがまま』を通すために
会社や他人に依存しない『実力』をつける

 

を実現するための具体的な情報や
オープンなブログでは書けないような話も
惜しみなく発信しています。

 

無料で購読できますし、
有料級のコンテンツも配布していますので
少しでも興味がある方は是非登録してください。

 

メルマガ登録はこちらから

 

ではでは。

 

わがままな生き方を実現する「ロードマップ」を今だけ無料公開

 

僕はまったくの初心者からネット起業して
情報発信ビジネスで7か月目に月収50万円を達成しました。

その後、月収6桁安定、最高月収は70万円を超えました。


現在は、独自コンテンツ販売をしながら、
スモールビジネス構築支援として
個人や、個人事業主の方のコンサルティングもしています。


ブログやSNSでは、出すのをためらうような情報も
こちらの無料メルマガでは惜しみなく発信しています。


自己投資200万円以上で学んだ「正しい知識」
異次元レヴェルの起業家から継承された「スキルの数々」
情報発信ビジネスで、
ゼロから収入を生み出すロードマップをお話しています。


無料メール講座にご登録いただいた方には
ネットビジネススタートアップセミナー3本をプレゼントしています。


さらに、感想提出で有料販売(4,980円)している
有料note(β版)もプレゼントキャンペーン中です!


→メール講座を読んでみる



2 件のコメント

  • こんばんは

    いつも為になる話し有り難うございます。

    読むだけで一向に行動しない私ですけど…
    今はエエねんと思ってるんだけど❗️

    じゃ一生せんな!こいつ‼️
    って思ったでしょう!
    その通り!何でやねん(笑)

    何でも信頼が大事だよね❗️
    信頼と共感さえ得られれば、例え他の人からみれば、それ違うんちゃう!
    と、思われても本人は納得すれば役にたってるって事だからね!
    私も何か信頼した人の講座なら納得してお金かけるし、またそれだけのぶんは取り返さないとって学ぶしね
    変な話し信頼と共感が得られれば、ただの水や石ころでも、納得して買ってくれると思うんだけど、私!
    それだけの価値がその人にはあるわけだから️

    何か知らんけど長々と有り難うございました
    もっと文章?
    ストーリー作りを学ばないとな(^。^;)

    • 亘さん

      コメントありがとうございます!

      ネットビジネスをしていると
      忘れてしまう人もいますが、

      結局はおっしゃるとおりで
      信頼と共感が大事ですよね。

      だって、画面の向こうには人がいるわけですから。

      だから、お金を稼ぐというよりも
      いかに信頼や共感を稼いでいくか、
      ということにフォーカスするほうが
      ビジネスの本質を捉えていると言えるでしょうね、

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    プロフィール