PDCAサイクルを回そう|ビジネスは仮説検証が全て!

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

インターネットビジネスに限らず
PDCAサイクルは有名な思考法ですよね。

 

会社員の方は日頃からこれを意識して
お仕事に取り組まれていてることかと思います。

 

で、実はですね…

 

このPDCAサイクルは
インターネットビジネスでこそ抜群の効果を発揮するのですよ。

 

そう、
ビジネスで最も大事なことは
とにかく行動してアイディアを試すことなんですが…

 

インターネットビジネスで
やっていることを一言で表すなら

『 とにかくPDCAサイクルを回すこと 』に尽きます。

 

ぶっちゃけ、この思考習慣が身に付けば
稼げないで退場するなんてことはまずあり得ないと断言できます。

 

もちろん、
PDCAが強力なビジネスツールであると
皆さんもご存じだと思うのですが…

 

今回はPDCAサイクルという思考法を
初めて知った方向けにはじめから丁寧に解説しつつ、
ぼく自身のインターネットビジネスの経験を交えて
初心者以上の方にもわかりやすくお話したいと思います。

 

PDCAサイクルはビジネスの必須ツールで
これなくして成功はあり得ません。

 

本記事を最後まで読んでくだされば
あなたに仮説検証の鬼になっていただき
最短最速でビジネスで成果を上げていただきます!

PDCAサイクルとは?

まずはPDCAサイクルとは何ぞや?
という話から始めていきたいと思います。

 

PDCAサイクルとは…

 

ビジネス等の目標達成のために用いられる
Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)
の4段階の改善プロセスのことです。

 

これだけ記すと小難しく感じると思いますが
要するに計画を立てて実行して
だめならところを改善していきましょう!

 

ということです。

 

そして”サイクル”という言葉のとおり
一度P ⇒ D ⇒ C ⇒ Aで終わりではなく
Aまで終えたらまたPから再スタートするのです。

 

このように何度も改善を繰り返すことで
仮説検証の精度はどんどん向上していき、
ビジネスの成果へと近づいていくわけです。

 

それでは基本となる

  • Plan(計画)
  • Do(実行)
  • Check(評価)
  • Action(改善)

の各プロセスについて簡潔にまとめていきますね!

 

Plan(計画)

まずはPlan(計画)です。

 

PDCAサイクルを回す前に
そもそもなぜPDCAサイクルを回すのか?

 

これを決めておくことが重要です。

 

  • ネットビジネスであれば収益を上げたい!
  • 受験であれば〇〇大学の模試でA判定を取りたい!
  • 会社員であれば希望の部署に異動したい!

 

まずは目標を立てるということですね。

 

そもそも目標がなければ
PDCAサイクルは回せませんから。

 

そしてその目標を達成するために
必要な計画を立てるということが
教科書的なPlan(計画)ですが…

 

ビジネスに関して言えば
いきなり絶対に上手くいくという
計画(仮説)を立てることはまず無理でしょう。

 

ここで重要なことは
大まかに計画(仮説)を立てて
PDCAサイクルで答えに近づいていくことです。

 

Do(実行)

次にDo(実行)です。

 

Plan(計画)で立てた計画(仮説)を
実行していくフェーズですね。

 

実は、
ビジネスではこのDo(実行)を
どれだけこなしていけるかで
成果が出る早さが変わります。

 

多くの人は知識ばかりで
行動が伴わないからこそ、
これを読んでいるあなたには
行動の大切さを忘れないで欲しいと思います!

 

ここはとにかくテストのつもりで
上手くいかなくても気にせずDoしましょう!

 

Check(評価)

Plan(計画)⇒Do(実行)ときたら
次はCheck(評価)です。

 

計画(仮説)を立てて実行したら
何かしらの結果が返ってくるはずです。

 

それをしっかり受け止めて、

  • なぜ上手くいったのか?
  • なぜ上手くいかなかったのか?

 

客観的な数字などで測定し
その因果関係を追究してください。

 

それが最後のAction(改善)に繋がるのです。

 

Action(改善)

最後にAction(改善)です。

 

ここまでで仮説を立てて検証する
という一連のプロセスを踏んできたと思います。

 

そして、最後に行うのは、

 

次のPDCAサイクルを回すために
上手くいったものは継続し、上手くいかなかったものは改善する。

 

これに尽きます。

 

ただそのために、
ひとつ前のCheck(評価)のプロセスで
しっかりと因果関係を検討することが大事です。

 

PDCAマインドセット

さて、ここまでPDCAサイクルの
基本についてご説明してきました。

 

ここではPDCAサイクルを
インターネットビジネスで活用していくうえでの
マインドセットを1つ紹介しますね。

 

それは、

 

『 ビジネスに絶対解はない。あるのは最適解のみだ 』

 

というものです。

 

実はこのマインドセットを習得していないと
上手くPDCAサイクルを回すことができないのです。

 

なぜなら、答えを求めてしまうから…

 

実は僕自身このマインドがないことで
苦しんだ時期があります。

 

ビジネスには『 答え 』があると思い込んでいたんですね…

 

そうするとどうなるか?

 

Plan(計画)⇒Do(実行)の後に

「 これはノウハウが悪いんだ!正しいノウハウを探さないと!」

という最悪の思考をしていたのです。

 

この思考の恐ろしさが伝わりますか?
そう、PDCAが完結せずに迷宮入りするだけなのです。

 

危うく一生ノウハウコレクターになるところでした…

 

大事なので繰り返します。

『 ビジネスに絶対解はない。あるのは最適解のみだ 』

ビジネスで答え探しはやめて
今すぐ仮説検証を実践して参りましょう!

 

PDCAをショートカットするには

PDCAサイクルを繰り返すことで
あなたのビジネスはどんどん進んでいきます!

 

なぜなら繰り返せば繰り返すほど
仮説検証の精度は上がりますので
必然的に成果が上がりやすくなるからです。

 

1つ欠点があるとしたら、
多くのテストを繰り返すために
膨大な時間がかかるところ…

 

インターネットビジネスに取り組む
僕たちにとっては時間が何よりも大事です。

 

そこでPDCAサイクルの時間を
大幅に短縮する方法を特別にお伝えしますね。

 

なんてことはありません。

 

人のPDCAサイクルを回した時間を
~~~~~~~~~~~~~~~~

お金で買ってしまえばいいのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~

 

どういうことかというと、
自分の目標を達成するために必要な
コンテンツを購入したり、コンサルを受講したり…

 

つまりは自己投資を行えばいいのです。


『 自分ですればいいしお金がもったいない… 』

と一瞬でも思った方は
マインドセットが決定的に欠けています。

 

1つ忘れないで欲しいのが
僕たちはお金よりも自分の時間を
優先しなければいけないのです。

 

自分の時間を増やすためには
お金を惜しまないというのが理想形です。
(もちろん限界はありますが…)

 

ぼく自身がビジネス開始半年程度で
月収6桁安定し始めたのも全て
自己投資で自分の時間を買ったからです。

 

全て自分一人でPDCAサイクルを回し続けていたら
今頃まだ結果が出ずにビジネスを辞めていたかもしれません。

 

この時間を買うという思考は
最初は抵抗があるかもしれません。

 

でも必ずあなたのビジネスを加速させるので
ぜひとも身に付けていただきたいと思います。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

わがままな生き方を実現する「ロードマップ」を今だけ無料公開

 

僕はまったくの初心者からネット起業して
情報発信ビジネスで7か月目に月収50万円を達成しました。

その後、月収6桁安定、最高月収は70万円を超えました。


現在は、独自コンテンツ販売をしながら、
スモールビジネス構築支援として
個人や、個人事業主の方のコンサルティングもしています。


ブログやSNSでは、出すのをためらうような情報も
こちらの無料メルマガでは惜しみなく発信しています。


自己投資200万円以上で学んだ「正しい知識」
異次元レヴェルの起業家から継承された「スキルの数々」
情報発信ビジネスで、
ゼロから収入を生み出すロードマップをお話しています。


無料メール講座にご登録いただいた方には
ネットビジネススタートアップセミナー3本をプレゼントしています。


さらに、感想提出で有料販売(4,980円)している
有料note(β版)もプレゼントキャンペーン中です!


→メール講座を読んでみる



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール