【期間限定】公式LINE追加で豪華特典プレゼント中

二ッチ市場の本質とは|まだ満たされていない需要にフォーカス

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

今回はマーケティングにおける
『 ニッチ市場 』
について解説していきたいと思います。

 

ニッチ市場というのはスキマ市場とも言われまして、

 

大手企業でも何でもない
僕たち個人はこのニッチ市場を狙いましょう、
と、マーケティングの視点からはよく語られます。

 

そのためにはまず
このニッチ市場の本質を理解して
市場を見つける必要がある、
というのが本記事の趣旨です。

 

ニッチ市場の本質をしっかり押さえないと
まったく見当違いな市場に参入してしまう場合があります。

 

後に具体例も出しますが、
ライバルだけでなくお客さんもほとんどいない
市場に参入してしまったら悲惨ですからね笑

 

逆に、ニッチの本質を理解しておけば、
「 ここはまだライバルがいない市場だぞ…! 」
という市場をいちはやく発見して
先行者利益を得ることができるかもしれません、、、

 

いずれにしてもこのニッチ市場という概念は
ネットビジネスをするうえで非常に有用なものですが、

 

  • スキマを探せばいいんだ!

 

とか

 

  • ライバルがいなければいいんだ!

 

というように浅い理解だと
勘違いしたまま市場選びをしかねないのです。

 

だからまずはニッチ市場の本質を
しっかり理解していただく必要があります。

 

さっそくこのあと本質を定義しますので
ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

 

ニッチ市場の本質とは

ニッチというと隙間とか
ライバルがいない市場のことだ、
と捉える人が多いのですが、

 

これはもちろん間違いではないですが、、、

 

でも、本質は

 

まだ満たされていない需要がある市場

 

なんですね。

 

だってたとえばスキマ市場を見つけても、
そしてそこにライバルが不在だとしても、

 

需要がない市場に参入してもビジネスは成立しませんよね。

 

というかライバルがいない
スキマ市場なんていくらでもありますよ笑

 

  • 誰にもバレずに仕事をさぼる方法
  • 3分以上呼吸を止める方法
  • 立ったまま1分以内に熟睡する方法

 

パッと適当に考えてみましたが、
こんなテーマでビジネスをしようとしても
ライバルどころかお客さんもいないでしょう、、、

 

それはそもそも需要がないからです。

 

ちなみに、ここでは極端な事例を挙げましたが、
要は市場規模が小さすぎる場合も注意が必要、ということです。

 

100億円のお金が動く市場と、
100万円のお金が動く市場があったとして、

 

ニッチを攻めて仮に1%ほどのシェアを取れたしても
売上に雲泥の差が出ちゃいますよね。

 

つまり無思考でスキマ、スキマ、スキマ!じゃダメってことです。

 

結論、このニッチ市場という概念については、
言葉の表面ではなく本質を理解する必要があるわけですが、

 

そのためには
「まだ満たされていない需要」
がポイントになるわけです。

 

この後にここを掘り下げていきます。

 

ニッチはターゲットありき

ここまでニッチ市場の本質をお話してきました。

 

需要、という言葉を
使っているところからも明らかなとおり、
ニッチというのはターゲットありきなのです。

 

つまり自分目線で探すものではないということですね。

 

  • 「自分が得意なスキルを売りたい!」
  • 「良いアイディアを思いついたから絶対売れる!」

 

こういう発想ではニッチ市場を攻めることはできません。

 

それこそ先ほど例に出した
『 バレずに会社をさぼる方法 』
なんて販売しても誰にも売れないでしょうね、、、
たとえ絶対的な自信を持って売り出したとしてもです。

 

あくまで、

 

ターゲット(ある程度定めた顧客像)が何に悩み、
どのような欲求があるのか、ということが大事でして、、、

 

そこにまだ満たされていない需要があるからこそ
本当の意味でのニッチ市場が存在するのです。

 

ニッチ選びの注意点

 

念のため注意点を記しておきます。

 

需要、ということでターゲットありきの
考え方を示しましたが、まだ満たされていない、
重要であることを忘れないでくださいね!

 

需要だけに目を向けて、
多くの人の悩みや欲求を解決するような市場、、、
ここは僕たち個人が入り込むスキマはなくて
いわゆる資本力のある大企業が参入しているのです。

 

大企業は低コストで大量生産という
個人では対抗できないビジネスを展開することができるので、
ここに挑むのは素人がプロボクサーに喧嘩を売るようなものです、、、

 

ネットビジネスでニッチ市場を攻略しよう

ここまでニッチ市場の本質について
じっくりと語ってきましたが、、、

 

そうすると、

 

「 じゃあこのニッチという概念を学んで
    どのようにビジネスに応用すればいいの? 」

 

となりますよね。

 

本記事の結論となりますが、

 

このニッチ市場という概念は
個人がインターネットビジネスに取り組むうえで
めちゃくちゃ活かせるのですよ。

 

  1. ターゲットの需要をイメージする
  2. その中でまだ満たされていない需要を見つける
  3. 需要を満たすコンテンツをつくる
  4. インターネットの力をフル活用して販売する

 

ざっくりとこのような流れになりますが、

 

これを企業が参入しづらく、
個人が参入しやすいテーマで
実践していくのがベターですね。

 

例えばですけど、

 

いわゆる「稼ぐ系」「恋愛系」なんて
まさに影響のある個人が出現してきてますよね。

 

個人の影響力、ブランディングが
ビジネスを成立させている一番の要因なので
そこに企業はなかなか参入しづらい、、、
というのは何となくわかると思います。

 

つまり資本力のない個人が
効率的にビジネスできる市場もあるのです。

 

ぜひ、市場を眺めてみて
他の人のビジネス(マーケティング)を参考に
スキマ市場がないか探してみてください。

 

「スキマを見つけた!」と思ったら、

  • 市場の規模(お金が動く市場なのか)
  • まだ満たされていない需要

 

という視点でチェックしてみてください。

 

本記事でお伝えしたかったのは
ニッチ市場の本質である、、、

 

まだ満たされていない需要のある市場

 

です。

 

ズレたニッチ市場に参入しないよう
まだ満たされていない、需要のある、スキマ市場、、、
こういった概念を押さえておきたいですね!

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール