1コンテンツマルチユースとは|コンテンツをリサイクルして効率化

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

今回は、
「1コンテンツマルチユース」
という概念についてお伝えしますね。

 

インターネットビジネスをしていると

 

ツイッターを更新しないといけない、
ブログ記事を書かないといけない、
ユーチューブ動画をアップしないといけない、

 

そして何より、
「そんなにネタがない、、、」
というのが本音じゃないでしょうか?

 

もちろん認知してもらわないと
ビジネスどころではないですから
メディアの更新はすごく大事なことです。

 

でも、今回の記事を読んでいただき
「1コンテンツマルチユース」
を実践すれば、

 

効率的にメディアを更新することができ、
ネット上ではアクティブな存在になることができます。

 

更新頻度がすべてとは言いませんが
人は接触回数が多い相手に好意を抱く生き物ですから、

 

メディア更新をしっかり更新して
あなたのメディアを回遊してもらえれば
お客さんのファン化にも繋がるんですね。

 

そうすればコンテンツをオファーして
対価としてお金を頂くことも難しいことではないですよ!

 

僕自身、メンターにこの概念を教わりましたが
ツイッター、公式LINE、ユーチューブ、ブログと
様々なメディアの更新がかなり楽になりました。

 

あとは人にこの話をすると
「あ、そうすればよかったんだ!」
と言ってくれる方は多いです。

 

そんなシンプルだけど重要な話をしていきます。
ぜひ最後までお付き合いくださいね。

 

1コンテンツマルチユースとは

1コンテンツマルチユースというのは
ひとつのメディアで発信したコンテンツを
他のメディアでも使いまわすという考えです。

 

もっと具体的に話しますね。

 

例えば、

 

  1. ツイッターでツイートする
  2. 同じネタで公式LINEやメルマガで発信する
  3. 肉付けしてフェイスブックに投稿する
  4. さらに肉付けしてブログ記事にする
  5. 動画にしてユーチューブにも投稿する

 

ここまでできれば充分過ぎますね。

 

かなりの作業量に見えると思いますが
あくまでネタは1つだけなんです。

 

情報発信というのはなるべく高い頻度で
更新するべきなんですがネタに困りますよね、、

 

それもたくさんのメディアを
持っているならそれぞれ放置するわけにいかないし、、

 

ということで

それぞれのメディアを更新したい、
でも毎日大量にネタを思いつかない、

 

そこで、
「 ネタをリサイクルする 」
というイメージを持っていただければいいかなと思います。

 

この方法なら、
毎日大量のネタ探しをする必要はないのですし、

 

具体例やたとえ話を追加すれば
分量はコントロールできちゃいます。

 

さらに言えば、
取捨選択する情報次第で
印象はガラッと変わるんですよね。

 

何が言いたいかというと、
同じ読者さんが各メディアを回遊してくれていても
まったく問題ないということです。

 

テクニック要素を事例とともに解説

じゃあ実際にぼく(りょう)が
どのように1コンテンツマルチユースを
しているか書いていきますね。

 

ぼくは兼業なので複数のメディアを
効率的に更新していく必要があります。

 

で、特にツイッター、公式LINEは
更新を日課にしていますので忙しくても
情報発信をするようにしているのですが、

 

コンテンツのネタはツイッターに
貯めておくことにしています。

 

どういうことかというと、
ツイッターってツイートごとの
反応を見れると思うのですが、

 

ぼくは発信のネタとして思いついたことは
とりあえずツイッターに発信(ツイート)しています。

 

で、アナリティクスを見て
反応の良いツイートをピックアップして、
肉付けして公式LINEに流す、ということをしています。

 

完全に僕の情報発信の
手の内をさらしているのですが笑

 

ツイッターで反応は良いということは
ある程度ぼくのメディアを見てくれている人に
ウケがいいのでは?という想定ができるので
この方法を取っています。

 

だから、公式LINEに流している内容は
好きつぶやいているように見えると思いますが
実はSNSでテストした後の内容だったりします。

 

公式LINEはクローズドなメディアなので
少しでも反応の良いものを流したいという思いから、

 

  1. ツイッターのツイート
  2. ツイートを分析
  3. 反応の良いものを公式LINEで発信

 

という流れを踏んでいます。

 

情報発信はツイッターが一番ハードル低いです

ここまでで

「 1コンテンツマルチユース 」

の考え方について整理しました。

 

この考え方を落とし込めば
ひとつのネタ(コンテンツ)を流用することで
効率的にメディア運用を行うことができますよね。

 

なんだかんだ言っても
メディアはアクティブであることが大事ですから
ネットビジネスでの“集客”を意識するなら
忙しい社会人だとしても継続的に更新したいところです。

 

そうするとこの考え方は必須だと思います。

 

ぼく(りょう)のやり方も説明しましたが
「 何から始めればいいか分からない 」
という方はツイッターから始めればいいと思います。

 

1ツイート140文字ということで
情報発信の中でも最もハードルが低いです。

 

僕も初めてツイートしたときは
何を書けばいいかわかりませんでしたが
慣れてくるとテスト感覚でネタは思いつきます。

 

滑ることも多いのですが、
反応が良いものを抽出してブログに書いてみたり、
ぼくのようにクローズドなメディアがあれば
そちらで発信するようにしてみてください。

 

メディア更新のハードルも下がりますし、
ある程度反応は良い前提で文章を考えるので
モチベーションが下がらなくておすすめです笑

 

今回はコンテンツビジネスと
効率的な情報発信に関わる話になりました。

 

参考にされてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

わがままな生き方を実現する「ロードマップ」を今だけ無料公開

 

僕はまったくの初心者からネット起業して
情報発信ビジネスで7か月目に月収50万円を達成しました。

その後、月収6桁安定、最高月収は70万円を超えました。


現在は、独自コンテンツ販売をしながら、
スモールビジネス構築支援として
個人や、個人事業主の方のコンサルティングもしています。


ブログやSNSでは、出すのをためらうような情報も
こちらの無料メルマガでは惜しみなく発信しています。


自己投資200万円以上で学んだ「正しい知識」
異次元レヴェルの起業家から継承された「スキルの数々」
情報発信ビジネスで、
ゼロから収入を生み出すロードマップをお話しています。


無料メール講座にご登録いただいた方には
ネットビジネススタートアップセミナー3本をプレゼントしています。


さらに、感想提出で有料販売(4,980円)している
有料note(β版)もプレゼントキャンペーン中です!


→メール講座を読んでみる



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール