【期間限定】公式LINE追加で豪華特典プレゼント中

収益化までの全体像を組み立てよう|ネットビジネス実践編【事例】

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

今回はストック型メディアと
フロー型メディアの前提を押さえたうえで
インターネットビジネスの戦略を構築して参りましょう。

 

ここでは短期戦略と長期戦略に分けて
それぞれ事例を挙げてステップを解説していきます。
もちろん、これが正解という訳ではなく
ひとつの戦略として参考にしていただければと思います。

 

導入としてお伝えしたいのは、

「 いきなり手を動かすのではなく
  戦略を立てるのに時間をかけるべきです。 」

ということ。

 

…パレートの法則はご存じでしょうか?
2対8の法則とも呼ばれるのですが、

「 全体の結果の8割は2割の構成要素からで成る 」

という話です。

 

例えばスーパー売上のうち
8割は商品全体の2割が生み出しているとか、、、
ネットビジネスにおいても
売上のうち8割を生み出しているのは
2割のお客さんだったり、、、

 

論理的な根拠があるわけではないのですが
様々な物事において当てはまりが良い概念なのです。

 

…で何が言いたいかというと
戦略を練ることがビジネスの結果の
8割を生み出す2割になります、ということです。
それだけ大事ですよ、ということが伝われば幸いです。

 

それでは深く入っていきますので
ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

 

短期戦略と長期戦略の2パターンについて
お話していきますね。

 

短期戦略

短期戦略でやることは、

SNSに集中です!

 

まずは実績をつくるために、
ストック型メディアと比べて育成しやすい
フロー型のメディアに特化しましょう。

 

ここで注意点としては、

ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなど
複数のメディアに手を出すのはNGです!

 

選択と集中という言葉のとおり
ひとつのSNSに全リソースを割いて
どれかひとつ突き抜けることが大事です。
あれこれ手を出すと中途半端になり
逆に時間がかかってしまいます、、、

 

「 どれを選べばよいかわからない、、、」
という方はツイッターがおすすめです。

 

これは僕自身が得意なのもありますが、
リツイート機能など拡散力に優れているほか、
コツを掴めばアカウントの育成はそれほど難しくないからです。

 

それでは短期戦略のモデルケースをひとつ
示したいと思います。

 

  1. ツイッター
  2. 公式LINE
  3. 体験コンサル
  4. コンサル

 

これはコンサルに繋げる全体像の例です。
ツイッターから集客して公式LINEで関係構築、
もっと学びたい人向けに体験コンサルを用意して
本気でやりたい人はコンサルの成約となります。

 

この例ではコンサルに繋げていますが、
コンテンツを販売することも可能です。
例えば、noteを公式LINEの読者限定で
販売するという収益化のパターンもありますね。

 

SNS集客⇒公式LINE(リスト化)⇒・・・

 

リスト化はした方がいいですが、
それ以降は自由にビジネスを組めばよいでしょう。
大事なことは事前に全体像を描くこと、ですからね。

 

長期戦略

次に長期戦略ですが、
ストック型メディアの育成に力を入れることになります。

 

ストック型メディアは
育成に時間がかかりますが、
時間をかけて組み立てれば
レバレッジを効かせることができます。

 

ストック型メディアを
しっかり育成する目的は、

不労所得を構築することです。

 

インターネットビジネスの成功者は
お金、時間、場所、精神の自由を得ていますが、
このストック型メディアの育成を
時間をかけて行ってきたからこそ、
自動で集客、価値提供する仕組みができているのです。

 

だから、自由そうな彼らは
一人残らず圧倒的な努力家なんですよ、、、
楽して儲けている人は一人もいませんから。

 

話は逸れましたが、
長期戦略のモデルケースをひとつ
示したいと思います。

 

  1. ツイッター
  2. ブログ
  3. メルマガ
  4. コンテンツ

 

ネットビジネスの王道の流れですね。
僕もこの仕組みの中で、
コンテンツを購入したことがあります。

 

フロー型⇒ストック型で興味を持ち、
メルマガでしっかり価値提供と関係構築。
購買意欲が最高のタイミングで
商品がオファーされるというパターンです。

 

ちなみに、SNSについては
長期戦略でも使うことになります笑
ここは逃げずに育てるようにしましょう!

 

まとめ

短期戦略と長期戦略についてお話しましたが
いかがでしたでしょうか?

 

で、結局どちらをやればいいの?
ということになると思いますが、

 

結論、どちらも同時並行で取組むことが望ましいです笑

 

もちろん、大変だと思いますので、
強いて言うなら最初は短期戦略で
収益化の流れを掴んでいただくとともに
実績つくりをしていただくと良いでしょう。

 

フロー型メディアについて、
コンテンツは流れていきますが、
育ったアカウントはあなたの資産になります。

 

これは短期戦略をクリアして
長期戦略にうつる時に必ず役に立ちますから、
短期戦略⇒長期戦略と戦略をシフトしていくのが
無駄の少ない流れですね。

 

今回はかなり具体的な記事を書きました。
わかりにくいところがありましたら、
以下の記事を参考にしていただければ理解が深まります。

 

>>ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)でネットビジネスを攻略しよう

>>ストック型とフロー型とは|媒体の特性を理解しよう

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール