【期間限定】公式LINE追加で豪華特典プレゼント中

メンターの探し方とは|あなたを稼ぎ続ける人間に進化させる存在

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

インターネットビジネスに取り組まれる方は
“メンター”という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

メンターとは、仕事上(または人生)の指導者、助言者の意味。

出典:コトバンク

 

という説明がなされていますが
“インターネットビジネスで稼げるようになるまで指導をしてくれる先生”
をイメージしていただければと思います。

 

僕自身にもビジネスの相談をするメンターはいますし、
メンターにもメンターがいます。
そして、既にビジネスで成功している人たちも
必ずと言っていいほどメンターがいて指導を受けているんですよ。

 

“メンター”の意味としては上述のとおりですが、
メンターはあなたをネットビジネスで”稼ぎ続ける”人間に進化させる存在なのです。

 

僕やあなたはインターネットビジネスで稼いでいきたいはずです。
そのためには当然ですが“稼げる人間”にならないといけないんですね。

 

そのための道を示してくれるのメンターです。
まさにメンターが通ってきた道ですからね。

 

 

メンターが必要か、不要かという話は意見は分かれていますが
個人的な経験から言わせていただければメンターは絶対に必要です。
ただ、誰でもいいわけではないですからね(笑)

 

メンターがいないとどうなるか?
僕自身、メンターをつけなかったとしたら、、、
孤独にインターネットビジネスに取組み、何をすれば正解なのかもわからず、
1円も稼げないまま退場していたでしょうね、、、それも他の95%の稼げない人達とともに。

 

「 この人だ! 」と言うメンターに出会えれば、、、
道に迷えば軌道修正してくれるほか、メンターの思考習慣の影響をがっつり受けて
ビジネスマンとして進化することができる。稼げる実力が養成される。

 

長期的に稼ぎ続けるには、
“土台(マインド)”からしっかり変えていく必要がありますからね。

 

それでは深く入っていきますね。

 

>>動画で学びたい方はコチラ

メンターの圧倒的な必要性

インターネットビジネスも“ビジネス”です。
そしてこれだけ情報が氾濫する中ではどうしても指針がないとキツイんですよ、、、

 

前述のとおり、
僕のメンターもメンターをつけて稼げるようになっているわけで
特に、ゼロベースからネットビジネスに取り組むなら導き手がいれば
結果が出る可能性は圧倒的に高まります。

 

実際に、僕がビジネスをする中で知り合った
既にゼロイチの壁(初期実績)を越えている人は、一人残らず誰かに習っていましたね。

 

コンテンツだけで成功できる?

メンターをつけない場合は、
誰かしらのコンテンツで学び、実践していくほかないと思いますが、
こんな話があります、、、

 

『 コンテンツだけで成功できる人は1割に満たない、、、 』

 

実は、ソースがあるわけではないですが(笑)
体感としては納得できる話だと思います。
初心者に限って言えば限りなく0に近いでしょう。

 

例えば、
noteや情報商材を購入して結果を出したことはありますか?
メルマガやLINEでオファーされたコンテンツだけで稼いだことはありますか?

 

ある程度自立してビジネスをしている人は
コンテンツから学ぶだけで、あっという間に結果を出すことはできるでしょう。

 

でも、ノウハウも使い手の実力が必要なものもかなり多いですよ、、、
マーケティング、コピーライティング、セールス…etc

 

「 これ、稼げそうだけど素人には無理じゃん、、、 」

 

こんなコンテンツも結構ありますからね。
総合的に判断すると、コンテンツだけではキツイという考えです。

 

メンターに引き上げてもらう

僕自身の話ですが、、、

 

インターネットビジネスの可能性を感じて、まずはコンテンツを買い漁りましたね。

 

5万円、10万円とそこそこ高い勉強代になりました。
コンテンツは素晴らしいものだった思いますが、
で、どうすればいいの?という具体的な行動に落とし込めなかったのです。

 

当時の自分の知識レベルでは
どう考えてもビジネスに応用しようなんて言う発想できなかったと思います。

 

さらに言えばそのあとコンサルを受けたのですが、
ノウハウをよくよく教わると「 え、、これってグレーじゃない? 」
と素人ながらに感じる内容で結局実践できず、、、
あまりコミュニケーションを取らずに受講した僕の落ち度です。

 

そこからもネットビジネスで稼ぐことを諦めきれず
魅力的なコンテンツ、情報発信をされている方と出会い、
「 この人だ! 」と言う直感とメール、通話のやりとりを重ねて
コンサルをお願いするに至りました。

 

結果として、
ここまで引き上げていただき当時の選択は間違えていなかったと思っています。

 

次に、僕の経験からメンターを見つける基準をお話したいと思います。
個人的にはこの条件で探せばいい人に出会えると思いますよ。

 

メンターを見つける基準

メンターの必要性をお話しましたので
僕なりのメンターを見つける基準をお示ししますね!

 

  • 稼いだ実績があり、さらに学び続けている
  • コンテンツや情報発信が有益で魅力がある
  • 実際に話すことができ相性に問題がない

 

上記3つを満たしていれば良いメンターになってくれるでしょう。

 

1つずつ見ていきますね。

 

稼いだ実績があり、さらに学び続けている

実績というのはその方の“実力を証明するもの”になります.

 

実績を示さずにブランディングで生徒を集めている人、
セールススキルだけ高めてコンサルセールスする人もいますが、
メンターにするべきかと言うと「 やめた方が無難でしょうね 」と答えます。

 

ビジネスで稼ぐ実力があるなら
当然なんらかの実績があって然るべきなのです。

 

そういう観点からその人を見つめてください。

 

さらにどれだけ大きな実績があっても
毎日自由に遊びまわって実力を高める努力のない人も微妙です。
ライフスタイルには憧れますが、、、(笑)

 

ビジネスの世界は流行り廃りが激しいのです。
常に情報や知識をアップデートしていくことが必須ですから、
それができていない人から習う必要はないです。

 

コンテンツや情報発信が有益で魅力がある

これも実力を示す指標だと思いますが、
その人のコンテンツや発信内容が有益で魅力的があるか?
と言うところもポイントになりますね。

 

僕自身は、この要素を強く感じさせられた方に習っています。
逆に言えば、コンテンツの質と量にこだわれば信用・信頼が集まるのです。
これは先を見据えて理解しておいてください。

 

そもそも発信やコンテンツに魅力を感じないのであれば
この次の条件「 相性が合う 」に合致しない可能性が高いです。

 

実際に話すことができ相性が合いそう

上述の2つの条件はメンターの実力を測るものでしたが、

実は、結局のところ「 相性が合うこと 」が一番大事です(笑)

 

実力者だけど性格が悪く、教わることが苦痛でしょうがない、、、
そんな人からは教わりたくないですよね?

 

ここはやはり実際にお話してみないと見極められないと思います。
直接お話したうえで「 この人に教わりたい! 」という気持ちが湧いたなら
メンターをお願いすればいいでしょう。

 

ここが合わないならメンターにはしない方が良いです。

 

悩みすぎたらスタートできない

ここまでメンターの見つけ方について基準を示しましたが
ずーっと迷っていたらいつまで経ってもメンターは決まりません。

 

「 この人はどうだろう?いや、こっちの人の方が、、、 」

 

慎重すぎるのも考えものです、、、

 

結局のところ、
最後の決め手も、興味を持つきっかけもフィーリングです。

 

あなたのフィーリングで「 この人いいな! 」と言う人を見つけたら、
その人のコンテンツや発信をたくさんチェックしてもっと知ればよいのです。

 

コンテンツであれば、
有料販売しているものを購入してみればいいし
いまどきは無料コンテンツを配布している人も多いですからね。
そのうえで直接お話しする機会を取ってもらえれば良いですね。

 

「 メンターが欲しい! 」

 

と言う方はこの記事の内容を参考にされてください。
誰でもいいわけではないですが、結局フィーリングですよ、と言う話でした。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール