公式LINEアカウントで一斉配信をする方法|多機能なメッセージ機能を理解しよう

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

公式LINEでは、
集まってくれた読者さんに
定期的に情報発信していくことになります。

 

メルマガと同様に
公式LINEには一斉発信の機能があるので
メッセージを読者全員に届けることができます。

 

これもネットの「レバレッジ」ですよね。

 

読者はLINEという手軽な
メッセージアプリで配信を受け取るために
メッセージを開封しやすい傾向になります。

 

実際に僕自身も、
公式LINEで情報発信をしていまして
分析機能をチェックする限り
過半数は開封してくれているようです。

 

メルマガのように
NOT OPENの壁を超えるために
興味性を引くようなタイトルメイキングに
頭を悩ませる必要性は小さいのです。

 

今回はそんな公式LINEについて、

 

  • 公式LINE一斉発信機能
  • 公式LINE一斉配信方法

 

を解説していきます。

 

公式LINEで情報発信するには、
まずは配信方法をマスターする必要がありますよね。
これについては実際の操作画面を
お見せしながら解説していきます。

 

また配信のネタ集めについても触れますので
ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

 

公式LINE一斉配信の機能

 

公式LINEアカウントは
メルマガと比較しても多機能です。

 

特に一斉配信メッセージでは
様々なコンテンツを配信することができます。

 

一回の配信で3ブロックまで配信可能で、
そのブロックごとに以下のコンテンツを
設定することが可能です。

 

  • テキスト(500文字まで)
  • スタンプ
  • 画像
  • クーポン
  • リッチメッセージ
  • リッチビデオメッセージ
  • 動画
  • ボイスメッセージ
  • リサーチ
  • カードタイプメッセージ

 

ちなみにプランごとに配信数に
制限があると思いますが、
Max3ブロックで1配信にカウントされます。

 

 

上図の具合に選択することになります。
なお、こちらはスマホでの配信画面です。

 

基本は、テキスト、スタンプ、画像、動画
くらいを利用できれば問題ないと思いますが、
読者さんが増えてきたらリサーチ機能も有用でしょう。

 

僕は、テキストくらいしか使ってないですね笑

たとえば動画だったら
ユーチューブに動画をアップしているので
そのリンクを読者さんにシェアしています。

 

公式LINE⇒ユーチューブの導線を意識すれば
あえて動画データを配信するメリットはないでしょう。

 

公式LINE一斉配信方法

 

それでは画像を見ながら
配信の方法を見ていきましょう。

 

おそらくスマホアプリで
配信メッセージを作成する方が多いと思いますので
スマホアプリの画像で解説していきますね。

 

 

まずは左図のホーム画面から
「メッセージを配信する」を選択してください。
もしくは、メニューのなかにも
メッセージ配信というアイコンがあるので
そちらからでもオッケーです。

 

次に右図の「追加」ボタンを選択してください。
こちらで配信メッセージを作成していきます。
先述のとおり3ブロックまで配信できます。

 

 

左図の中からコンテンツを選んでください。
基本はテキストで良いかと。

 

テキストであれば
右図のとおり文章を打ち込んでいきます。
1ブロック500文字までなので、
テキストで3ブロック使えば
全部で1,500文字まで配信できます。

 

配信メッセージが完成したら
「次へ」を選択してください。

 

  

 

メッセージが完成したら
メッセージの配信設定をしていきます。

 

左図の画面で設定していきますが、
配信予約、タイムライン投稿、
配信メッセージ数を選択します。

 

  • 配信予約:配信日次の設定ができます。
  • タイムライン投稿:配信メッセージをタイムラインに投稿できます。
  • 配信メッセージ数:配信メッセージ数を調整することができます。

 

そして、配信設定が完了したら
「配信」を選択してください。
右図のように「配信しますか?」の
メッセージが現れますので、
問題なければさらに「配信」を選択してください。

 

ちなみに画面右上に
「プレビュー」というボタンがありますが
配信メッセージの確認をすることができます。

 

 

 

左図が配信メッセージを
プレビュー画面で確認したものです。
配信前に必ずプレビューを確認すると良いでしょう。

 

そして、実際の配信メッセージ(受信分)は
右図のとおりです。

 

以上が一斉配信の流れとなります。

 

補足:配信ネタはどうしているの?

 

この記事に書くか迷いましたが
簡単に配信ネタの決め方について、
ぼくの考えを書いていきますね。

 

結論、情報発信のジャンルから
大きく乖離しなければ何でもいいと思いますが、
何も思いつかないという方は、
まずはツイッターの情報発信を優先してください。

 

個人的にツイッターが
情報発信の媒体の中で最も
ハードルが低いです(だって140文字だから)。

 

ぼくも今でもやっていますが、

 

  1. ツイッターで適当につぶやく
  2. 反応は良いツイートをピックアップ
  3. 肉付けして公式LINEで配信する

 

この流れが鉄板です。
1コンテンツマルチユースの考え方ですね。

 

効率的に情報発信できるのでおススメです。
参考にされてください。

 

まとめ

 

公式LINEの一斉配信の機能と
配信方法について解説しましたが
いかがでしたでしょうか?

 

公式LINEに集客を開始して
だいたい50名程度の読者さんが集まったら
情報発信を開始しましょう。

 

その際の手順については
本記事を参考にしていただければ幸いです。

 

また、効率的な配信ネタの
集め方についても触れてますので
あなたの情報発信に活かしていただければと思います。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です