公式LINEアカウントとは|メルマガとの違いを解説

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

インターネットビジネスにおける
“集客”は自分のクローズドなメディアに
読者を集めることになりますが、

 

その集める先は公式LINEかメルマガ
ということになるわけです。

 

LINEは広く普及しましたが、
メルマガでビジネスをしている
起業家さんも多く見受けられます。

 

結局のところ
情報発信のメディアとして、

 

「公式LINEとメルマガどちらが良いのか?」

 

という疑問がわきますよね。

 

今回は手軽に情報発信できる
公式LINEについてご紹介しつつ、
メルマガとの比較をしていきたいと思います。

 

公式LINEとメルマガには
それぞれ強みと弱みがあるわけで
情報発信をするならメディアの特性を
理解しておく必要があります。

 

どっちがいいの?はさておき、
とりあえずはどちらがいい?と聞かれれば
無料プランもある公式LINE一択なのですが。

 

(無料プランでは1か月で1,000通まで無料)

 

それでは、

 

  • 公式LINEとは
  • 公式LINEとメルマガを比較

 

というテーマで解説していきますね。

 

ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

 

公式LINEとは

 

公式LINEアカウントは、
企業や店舗がLINEアカウントを開設し、
友達追加してくれたLINEユーザーに
メッセージが配信ができるサービスです。

 

LINEユーザーは、
国内では月間利用者8,600万人を超え、
そのうち86%は毎日LINEを利用しているそうです。

 

たしかにLINEを開かない日って
あまりないですよね。

 

僕も周囲にLINEを使っていないのは
1人しかいませんでしたが、
先日LINEを導入していたので0人になりました笑

 

それだけ、僕たちの生活に
根付いたサービスなんですね。

 

 

>>https://www.linebiz.com/lp/line-official-account/

 

公式LINEを利用することで
インターネットビジネスにおける
情報発信の効果は飛躍的に高まります。

 

SNSで発信したことは
どんどん流れていきますし、
ブログやユーチューブで育つのには
それ相応の時間がかかります。

 

ですから、公式LINEのように
「あなたの情報が読者に届くメディア」
の活用は必須になるわけです。

 

また、公式LINEは
敷居の低さがありがたいです。

 

 

上図のとおり
フリープランという無料のプランがあり、
1か月1,000通までは無料で運用できるのです。

 

影響力が高まり、
読者さんが増えてきたタイミングで
有料プランに変更すればいいわけですね。

 

このような具合で
僕自身、公式LINEの運用は
ビジネスを始めて間もなく取り組んでいます。

 

今では、読者さんも集まり有料プランですが、
最初はフリープランで何の不自由もないですね。

 

公式LINEとメルマガを比較

 

ここまで公式LINEについて
ざっくりお話しましたが、

 

「情報発信のメディアとして
   メルマガとどっちがいいの?」

 

と思われるかもしれません。

 

そこで、公式LINEとメルマガの
長所と短所をまとめて比較していきますね。

 

公式LINEの長所と短所

 

まず公式LINEについてですが、
魅力はその“到達率”にあるといえます。

 

メルマガってメールアドレスを
登録してもらうのですが、
メールアドレスって複数所有できますよね。

 

仮に捨てアドレスのようなもので
登録されていたらあなたのメッセージは
届くことはないでしょう。

 

でも、LINEは1人1つしか
アカウントを所有することはできません。
つまり、送ったメッセージは
ブロックされていない限り必ず届くということです。

 

さらに、“開封率”も高いです。

 

これは振り返ってもらえれば
なんとなくわかってもらえると思いますが、
LINEでピコンと通知が来たら思わず確認しませんか?

 

で、未読マークを残すと気持ち悪いので
メッセージを開いてしまいますよね。

 

こんな具合に到達率と開封率が高いことのほか、
アイコン設定や一対一で話せる機能など
ユーザーとの距離感がとても近く、
親近感を持ってもらいやすい媒体なのです。

 

逆に短所と言えば、
アカウントに集客しているので
アカウントBANのリスクがあること。

 

加えて、LINEはあくまで会話なので
長文に向いていないことが挙げられますね。
そもそも長文を読み込むつもりで
LINEを開く人は少ないですからね笑

 

メルマガの長所と短所

 

メルマガの長所と短所を見ていきましょう。

 

これは公式LINEとは
逆の性質を持っていると
考えていただければオッケーです。

 

メールなので
ある程度の長文で
情報発信することができます。

 

読者もしっかり読むつもりで
メールを開封してくれるので、
発信者としては情報を盛り込みやすいわけです。

 

あなたの価値観や理念、
思想や思考に深く共感することができ、
ファンをつくるのに適していると言えますね。

 

またステップメールという
インターネットビジネスで頻繁に
利用される自動配信機能もあるので
仕組み化、自動化には
メルマガは欠かせないものとなっています。

 

(公式LINEにも自動配信の機能をつけることは可能)

 

逆に短所としては、
登録してもらったアドレスが捨てアドだったと、
到達率、開封率が公式LINEに比べてガクッと
落ちてしまうことでしょう。

 

ただ、アドレスを入手できる
という利点があって、本当の意味での
媒体依存から解放されるなら
メルマガでの集客(リスト取り)が必要ですね。

 

 

【結論】公式LINEかメルマガか

 

ただ、結論としては
「どちらも取り組むのがベスト!」
という話になります笑

 

どちらも良いところもあり、
足りないところもあるので、
目的やターゲットに合わせて
使い分けるのが良いですね。

 

たとえば、
若い世代でメールになじみがない層には
公式LINEが有効ですし、

 

ビジネスマンがターゲットであれば
メルマガの効果が高まるでしょう。

 

まとめ

 

今回は公式LINEについて解説するとともに
公式LINEとメルマガの比較を行いましたが
いかがでしたでしょうか?

 

結論のところでも話しましたが、
どちらにも長所があり短所があります。
なのでそれぞれを補完するように
どちらも利用するのが良いでしょう。

 

実際に多くの情報起業家の方は
メルマガも公式LINEもどちらも
上手に活用してビジネスしています。

 

ただ、もちろんいきなり
どちらも始めましょう!といっても
しんどいと思いますので、、、

 

最初の敷居の低さを考えて
まずは公式LINE運用からスタートすることを
おすすめしています。

 

公式LINEは登録も
メルマガより簡単なので
集客もしやすいかと思います。

 

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール