【期間限定】公式LINE追加で豪華特典プレゼント中

権威性とは|説得力をもたせる専門家の発言

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

コピーライティングの
「Not Believeの壁」を超えるのために
うってつけの心理作用があります。

 

それは、

『権威性』

です。

 

この「権威性」を発信に混ぜると、
あなたの情報発信の信憑性が劇的に高まり
結果としてあなたの発信力UPに繋がります。

 

その背景として、
単純に人間は「権威性」に弱い生き物だからです。
専門家の発言と聞けば信じちゃいますよね?

 

ネットで商品を購入するときに
“専門家の発言”“有名人の推薦”
心が動く人は特に「権威性」に弱いタイプです笑

 

逆にこの権威性を意識しないと
文章の説得力が欠けてしまう場面が多々あります。
ですから、発信の信憑性を上げるために
権威性を引っ張ってこれないか常に意識するべきですね。

 

そしてこの権威性も、
名著「影響力の武器」で紹介される
人を動かすために知っておくべき「人間心理」です。
この本はビジネスマンは必読ですので
お時間あるときに読んでおくことをオススメします。

 

さて、今回の記事では、

 

  • 権威性とは
  • 権威性の使い方
  • 権威性の注意点

 

についてまとめていきます。

 

こちらも悪用厳禁な心理効果になりますので
ぜひ最後までお付き合いいただき、
正しい活用方法を身につけていただければと思います。

 

権威性とは

人を動かす心理効果のひとつで
「プロが言うなら間違いない、、、」
という具合に、肩書、実績、経験値
価値を感じるというものです。

 

わかりにくいと思うので例を出しますね、、、

 

健康食品のセールスレターの中で
医者が「この商品はおすすめです!」
というコメントを出していたら、
「本当に効果がありそうだ、、、」
という気がしてきますよね?

 

この例だと健康食品のセールスで
医者の権威性を借りてきているのです。

 

健康食品に対して、
医者という肩書をリンクさせることで
読者のNot Readの壁を越えて
購買行動へと導いていくわけです。

 

このような専門家の肩書のほかにも
テレビCMに起用される芸能人も
“権威性”の象徴として見られています。

 

「〇〇さんがCMに出てた商品」

「〇〇さんも使っている商品」

 

このような認知を得た商品は
芸能人の権威性を借りることになりますね。

 

世の中は、権威性に満ち溢れています。

 

  • 著者プロフィール
  • 肩書、学歴、受賞歴
  • SNSのフォロワー

 

要するに、
専門性、経験年数、認知度、
第三者からの評価、影響力といったものに
権威性が宿るといえますね。

 

権威性の使い方と注意点

それでは、
実践的な権威性の使い方と
注意点についてお話しますね。

 

権威性の使い方としては、

 

  • 権威の引用
  • 経験年数
  • 実績
  • 自分自身の影響力

 

が挙げられます。

 

権威性の使い方

 

権威性の使い方について
順番に見ていきますね。

 

権威の引用

 

これは一番使いやすいもので
偉人、賢人の名言を引用するほか、
既に影響力のある誰か、専門家の
権威性を借りてくることです。

 

専門家の書いた書籍や
論文からの引用もこれに当たります。

 

ダイエットは〇〇がおススメです。
芸能人の〇〇もこの方法を絶賛しています。

 

という具合に、
2文目があるだけで説得力が段違いになりますね。

 

経験年数

 

自分自身の経験年数に
権威性を見出すことができます。

 

これはもちろん、
相応の年数経験していることが前提ですが、、、

 

たとえば、

 

「おすすめの有料テンプレート7選」

ブログ歴6年の私がおすすめする有料テンプレート7選」

 

見てのとおりで
後者の方が説得力が増しますよね?

 

実績

 

自分の実績というのは
それ自体が権威性となります。

 

「おすすめできない副業5選」

インターネットビジネスで月収7桁の私がおすすめしない副業5選」

 

という具合に実績が権威性になり
メッセージの説得力になるわけです。

 

これは何も稼いだ額だけではなく、
毎月30冊の読書をする私がおすすめする、、、
ブログを100記事研究した私が見つけた
、、、
というのも実績に権威性を持たせる例になります。

 

自分自身の影響力

 

これはできる人は、、、
というところなのですが、
インターネットで影響力を持てば
それ自体が権威性になるというわけです。

 

たとえばフォロワー5万人!

 

こんな影響力があれば、
何にでも権威性を出せますよね。

 

フォロワー5万人のSNS運用術

フォロワー5万人の扇動術セミナー

 

これが一番ハードルは高いですが
一番権威性が強力ですね。

 

権威性の注意点

 

まず、注意点のひとつは、
むりやり権威性をもたせようとして
盛り過ぎるなど、行き過ぎたブランディングを
してしまうことが考えられます。

 

実績や肩書の見せ方にしても、
「これは絶対に誤解を招くのでは?」
というような見せ方をしている人もいます。

 

見せ方にこだわることも大事ですが、
現実とあまりにも乖離した権威性を持たせると
必ずぼろが出てしまうので気をつけましょう。

 

もうひとつ、
たとえ権威性があるとしても
ジャンル違いの権威性では
効果が薄れることにも注意しましょう。

 

ダイエットに関しての権威性として
弁護士や公認会計士を連れてきても
権威はありますが説得力には繋がりません。

 

まとめ

権威性について、
使用方法や注意点を交えてお話しましたが
いかがでしたでしょうか?

 

権威性をあなたのビジネスに取り入れれば、
あなたの発信の説得力を高めることに繋がります。

 

説得力を高めて、
Not Readの壁を超えることができれば、
あとは読者にアクションを促すだけです。

 

そのために、

 

  • 権威の引用
  • 経験年数
  • 実績
  • 自分自身の影響力

 

という権威性をフル活用してください。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール