公式LINEアカウントのタイムライン投稿を解説|タイムラインの機能を理解しよう

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

公式LINEで配信するのだけど
メルマガみたいに長い文章を送りたい…!!
でも、文字数制限があるし…

 

公式LINEの配信機能だと
文字数制限の関係で短文が基本ですが、
少し長めの文章にしたいときってありますよね?

 

そんなときは、

 

「タイムライン投稿」

 

という機能を使うんです。

 

タイムライン投稿は、
LINE@から公式LINEに変更された際に
月4回までの制限が撤廃されて
無制限に投稿できるようになりました。

 

基本の配信は短文で発信して、
少し長めの文章を書きたいときは
タイムラインを活用すると良いでしょう。

 

タイムライン投稿では、
読者は「いいね(顔文字)」やコメントが可能で
配信者と読者が相互にやりとり可能です。

 

また、読者が反応した投稿は
読者のタイムラインに流れて、
読者以外の層へのアプローチも可能となります。

 

無制限投稿も解禁され、
活用しない手はないですね。

 

今回は、

 

  • タイムライン投稿について
  • タイムライン投稿のメリット

 

について、
かなりテクニカルな話を含めて
解説していきますね。

 

それでは、
さっそく投稿方法から見ていきますので
最後までお付き合いいただければと思います。

 

タイムライン投稿について

 

タイムライン機能を使えば
一斉配信では流せない情報量を
読者に届けることができますし、

 

コンテンツは流れていくものではなく、
タイムラインに蓄積することができるので
投稿後にLINE登録した読者さんの目にも触れます。

 

ブログに比べると
過去記事を読むうえでの利便性はないですが、
投稿のリンクを取得できるので
リンクを配信で流すことで再度読んでもらえます。

 

なので、
一斉配信とタイムライン投稿を組み合わせれば
“フロー”かつ“ストック”型の情報発信ができるわけですね。

 

それではそのような利点のある
タイムライン投稿について
画像付きで投稿方法を解説していきますね。

 

タイムライン投稿の手順

 

それではタイムライン投稿の手順を
画像を見ながら解説していきますね。
スマホアプリの方での流れですが、
流れはPC版も同様ですので!

 

 

左図のホーム画面から
赤枠の時計マーク(タイムライン)を選択して
右図の画面に移動します。

 

そして、新規投稿する場合は
右上の「作成」を選択してください。
なお、この画面で投稿予約をした投稿や
下書きの投稿を確認できます。

 

 

作成を選択すると、
左図のとおり投稿画面に移動します。
こちらでテキストを作成していきます。
配信との大きな違いは10,000字まで投稿できること。

 

また、右図のとおり
写真、動画、スタンプ、クーポン…etc
も投稿することができます。

 

赤枠のボックスでテキスト以外の
投稿をしたい場合は選択してください。
投稿が完成したら「次へ」を選択してください。

 

ちなみに「次へ」を選択する前までは
プレビューを確認することができます(左図)。
投稿前に必ず見るようにしましょう。

 

投稿が完成したら
右図の画面で「今すぐ投稿」
「投稿を予約」を選択してください。

 

「今すぐ投稿」を選択して
「投稿」を選択すると投稿完了します。
「投稿を予約」を選択して
「投稿」を選択すると予約投稿となり
投稿日時を選択して投稿することとなります。

 

 

投稿完了すると左図の画面に移動します。

 

投稿を選択すると右図の画面に移動して
投稿の編集や削除が可能です。

 

また、投稿に対する
コメントも確認することもできます。

 

タイムライン投稿の
手順については以上となります。

 

タイムライン投稿のメリット

 

タイムライン投稿のメリットは
やはり一斉配信では盛り込めない
情報量でコンテンツを作成できるところです。

 

文字数制限も、

 

  • 一斉配信:3ブロック使っても1,500文字
  • タイムライン投稿:10,000文字

 

ということで圧倒的に差があります。

 

あとは、

 

  • コンテンツの蓄積性
  • コンテンツの拡散性

 

という側面もあります。

 

コンテンツの蓄積性

 

タイムラインに
コンテンツを蓄積していくので
あとから登録してくれた読者さんにも
読んでもらうことができるわけです。

 

なので一斉配信と組み合わせることで
情報発信の幅が広がるわけですね。

 

内容によっては後から来た人にも
読んでもらいたい話ってあるはずですから。

 

コンテンツの拡散性

 

タイムライン投稿は
実は読者さん以外にも拡散されます。

 

どういうことかというと
タイムライン投稿には、

 

コメントを残す機能や、
“いいね”をする機能があるのです。

 

読者さんがコメントをしたり
いいねをしてくれると、
その読者さんのタイムラインに
投稿が掲載されるので、
タイムラインを通じて拡散されていきます。

 

なので、タイムライン投稿の
コツとしては読者さんが思わず
いいね、コメントを残したくなるような
投稿を意識すると良いでしょう。

 

まとめ

 

今回は公式LINEの機能である
タイムライン投稿とそのメリットについて
解説しましたがいかがでしたでしょうか?

 

発信したい情報について、

 

  • 拡散したい
  • 蓄積したい

 

という意図があるなら、

 

タイムライン投稿を
活用していただければと思います。

 

公式LINEの情報発信については
タイムライン投稿も組み合わせることで
より発信力を高めることができますよ。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です