GDTの法則とは|感情を揺り動かすコピーの要素を解説

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

セールスレター、メルマガ
ブログ、無料・有料コンテンツ…
これらは、まず読まれることと、
読者の反応が取れることが理想ですよね?

 

そのためには、
「3つのNOT」を力強く超えるような
読者の感情を揺り動かすようなコピーが必要です。

 

>>3つのNOTとは|読まない、信じない、行動しないの壁

 

「感情を揺り動かす」と簡単に言いましたが、
そのためには「GDTの法則」を使うのがひとつの手です。
これは、セールスレターやメルマガなど、
文章の中で使うと読者の反応が大きくなるという法則です。

 

この法則は、文章であれば
あらゆる場面で使うことができます。
たとえば、メルマガの件名に使えば
「NOT OPEN」の壁を超えることは難しくありません。

 

本文では「GDTの法則」に沿ったコピーで
どれだけ読者の感情を刺激することができるか、
また、読者のどんな感情を刺激するのか、
で売上や成約率が圧倒的に変わってしまいます。

 

今回は、

 

  • GDTの法則とは
  • 欲求の強さの順番

 

について解説していきますね。

 

ぜひ、最後までお付き合いいただき、
読者の感情を動かす技法を身につけていただければと思います。

 

GDTの法則とは

GDTの法則とは、
人が叶えたい欲求を3つにレベル分類するものです。

 

その3つのレベルとは、

 

  • Goal:目標
  • Desire:欲望
  • Teaser:本性

 

となっており、
それぞれの欲求はさらに3つに分類され、
合計で9つの欲求が含まれています。

 

コピーを書くときは
この3×3の9つの「欲求」を
不自然でない程度に散りばめることで
読者の感情を刺激し行動させることができます。

 

Goal:目標

 

「Goal」欲求には以下の3つが含まれます。

 

  • Time:時間をかけたくない
  • Effort:努力したくない
  • Money:お金をかけたくない

 

人は時間も、努力も、
お金をかけることも避けたいのです。

 

つまり、コピーを書くときには

 

  • 時間がかからない、
  • 労力がかからない、
  • お金がかからない、

 

こういった訴求をすると
読者の感情を動かすことができます。

 

具体例:

「初期費用なし!1日15分スマホ完結!
 副業未経験でも稼げる案件を公開します!」

とにかく簡単で時間もかからない、
お金もかからないを訴求しています。

 

Desire:欲望

 

「Desire」欲求には以下の3つが含まれます。

 

  • Greed:富、名誉、強欲を満たしたい
  • Lust:愛情、性欲を満たしたい
  • Comfort:快適でいたい、悩みや苦痛を避けたい

 

このように、人間が本能的に欲しがるものを
コピーで書くことで強く読者を惹きつけることができます。

 

SNSには、このような欲求を刺激する
ブランディングをしている方が多くいます。

 

タワーマンション、札束、ブランド品、
美女、海外旅行、高級車、高級ホテル…

 

一定数の人はこういうものに
強く惹きつけられてしまうのです。

 

具体例:

「あなたを満員電車から解放する神速脱サラメソッド!
 芸能級の美女に囲まれ、憧れの高級車を乗り回す、
 タワマンから下界を見下ろす勝ち組になりませんか?」 

 

こんなもの販売されていたら、
僕は買ってしまうかもしれません…笑

 

Teaser:本性

 

「Teaser」欲求には以下の3つが含まれます。

 

  • Scarcity:希少性、限定性が気になってしまう
  • Curiosty:好奇心、興味性が気になってしまう
  • Controversy:反社会性が気になってしまう

 

これらは、人間が“気になってしまう”要素です。

 

コピーの中に上手くこれらの表現を織り交ぜれば
読者に次へ次へと読ませる文章になってくれます。

 

ただ、やり過ぎてしまうと
信憑性が薄れるので注意が必要ですが、、、

 

これらについては、

 

  • 限定性や希少性を提示する
  • 好奇心や興味をそそる内容を書く
  • ドキッとしたり常識では考えられない内容を書く

 

というコピーを書くことで
読者に訴求できるわけですね。

 

具体例:

「月収8桁アフィリエイターの非道徳アフィリエイト、
とあるSNSで荒稼ぎした極秘メソッドを
3名限定で公開!
稼ぎすぎて人生が変わっても責任取れません…」

 

欲求の強さの順番

ここまでGDTの法則の
全体像について解説してきました。

 

この3×3の要素を
なるべく文章の中に混ぜていくのが効果的です。

 

さらに、押さえておかなければ
ならない知識としては、GDTの法則が刺激する
欲求の強さには順番があるということです。

 

それは、

 

Teaser(本性)>Desire(欲望)>Goal(目標)

 

の順番です。

 

人は、時間とお金をかけず、
そして楽に目標を達成したいのです。

 

でも、時間とお金と労力をかけても、
愛、富、名誉、快適さを求めます。

 

そして、
限定性や希少性、好奇心をくすぐり、
反社会性を煽るものに弱いのです。

 

まとめ

ここまで、GDTの法則の全体像と
欲求の強さの順番について解説してきましたが
いかがでしたでしょうか?

 

人間の感情を動かす欲求を理解して
そこを刺激するようなコピーを書ければ
あなたの文章への読者の反応は激変します。

 

そのためには、
3×3の欲求をしっかり整理することと
それぞれどのような表現をすればよいのか、
ネタを貯めておく習慣を持つと良いでしょう。

 

たとえば、
日頃から目にする文章(コピー)の中で
GDTの法則の欲求を刺激する表現がないか、
という視点を持つようにしたらどうでしょう?

 

そうすると、
広告一つとっても学びの宝庫になりますよ。
このようにコピーライティングのスキルは
日常の意識によって磨かれるわけです。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です