4つの学習タイプとは|全人類に響くライティング術

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

あなたは全人類に響くライティングの
テンプレートがあるとしたら使いたいと思いますか?

 

こんな風に聞かれたら
「 そんな都合の良いものあるんかい、、、 」
と半信半疑ですかね笑

 

でも、人間心理にフォーカスした
強力で使いやすいライティングの型があるんです。

 

それは、
『 4つの学習タイプ 』

というものです。

 

この4つの学習タイプをマスターすれば
ブログ、ツイッター、ユーチューブで
文章、音声、動画であっても人を行動させる
コンテンツを量産することができます。

 

また、この型に当てはめていくだけで
きれいに3つのNOTも超えてしまうのですよ、、、
つまり、興味を持たせ、信用させ、行動させてしまうのです。

 

>>3つのNOTとは|読まない、信じない、行動しないの壁

 

コピーライティングの型って
いろいろあるのですが、
この4つの学習タイプは使いやすくておすすめです。

 

特にコンテンツメイキングの際にも
この型に沿って書くだけで感謝される
コンテンツができあがります。

 

また、文章コンテンツだけでなく、
動画コンテンツもこの型に沿って話すだけです。

 

それでは、
今回は「4つの学習タイプと全体像」や
「書き方の具体例」ということで具体的に
どんなことを書けばいいのか事例をまとめていきますね。

 

ぜひ最後までお付き合いください。

 

4つの学習タイプの全体像

4つの学習タイプとは、
全人類を4つのタイプに分類し
そのすべてに響くような文章を書くための
テンプレートです。

 

4つの学習タイプとは
アメリカの教育論者、ディビッド・コルブが提唱した概念で、

 

  • なぜタイプ
  • なにタイプ
  • どうやってタイプ
  • 今すぐタイプ

 

に分けられます。

 

人は自分の性格や
思考習慣によって
この4つのタイプのどれかに
分類されるものなのです。

 

だから、
その4つの学習タイプすべてに響くように
文章を書けば全読者を網羅できるわけですね。

 

それでは、
それぞれの学習タイプについて概要と
具体的な文章例をお話していきますね。

 

なぜタイプ

 

なぜ?が分からないと行動できないのが
「なぜタイプ」です。

 

そもそもなぜこれをする理由があるのか?
という具合に行動のモチベーションになることを
求めるタイプの人なんですね。

 

伝えることは主に2つ。

 

  • 読者が得られるメリット(得たい未来)
  • 読者が直面するデメリット(避けたい未来)

 

このような行動をモチベートする
未来を伝えてあげるのです。
どちらも伝えても良いです。

 

具体例

 

「この4つの学習タイプを使って文章を書けば
 あなたの読者は、あなたのメールを心待ちにするようになり、
 メルマガ一通ごとに熱いアウトプットメッセージが殺到することになります。
 ひとたび商品をオファーすれば、送信ボタンを押したのも束の間に
 決済完了のメールがあなたのメールフォルダを埋め尽くすでしょう。」

 

という4つの学習タイプを
使うメリット(得たい未来)を書いてみました。
ターゲットは当然メルマガビジネスをしている人です。

 

こんな具合にイメージを掻き立てるような
表現を意識することが大事ですね。

 

なにタイプ

 

データ、根拠、権威などがないと
行動できないのが「なにタイプ」です。

 

このタイプを行動させるためには
行動するに足る理屈だったり、
心理トリガーを使う必要があります。

 

例えば、

 

  • 根拠
  • データ
  • 統計
  • 社会的証明
  • 権威

 

このタイプは、
このように裏付けを求める傾向にありますね。

 

具体例

 

「私の書いたメルマガの成約率が高い秘密は、
 4つの学習タイプに沿った文章構成にあります。

 この4つの学習タイプは、1970年代に
 アメリカの教育論者、ディビッド・コルブが提唱した人間の性質の分類で、
 人を行動させるための強力なフレームワークになるのです。

 ネットビジネスの世界でもこのフレームワークを使って
 億単位で稼いだコピーライターも過去には存在しており、
 時代に廃れない普遍的なライティングスキルになります。」

 

という具合に、
権威と社会的証明を意識して書いてみました。
2段落目が権威、3段落目が社会的証明です。

 

どうやってタイプ

 

具体的なステップバイステップを
欲しがるのがこの「どうやってタイプ」です。

 

このタイプの人は、
行動の手順を3ステップで示してあげると
行動することができます。

 

具体例

 

「4つの学習タイプで文章を書く方法は以下の3ステップです。

①まず書きたい文章のテーマを決めてください。

②次に4つの学習タイプのテンプレ―トを箇条書きで埋めてください。

③箇条書きの主張に理由や具体例、例え話を添えて肉付けしてください。

このステップを踏めば全人類を行動させる文章が書けます。」

 

ポイントは3ステップでまとめてあげることです。

 

今すぐタイプ

 

今この瞬間からできることを知りたがるのが
この「今すぐタイプ」です。

 

とにかくさわりの部分だけでも
実践してみたい!まず何をすればいい?
というまず行動、というタイプです。

 

具体例

 

「それでは、まずは文章のターゲットを考えることから始めましょう」

 

という具合に、
今すぐ実践できるファーストステップを
教えてあげてください。

 

まとめ

4つの学習タイプについて
概要と具体例を示してきましたが
いかがでしたでしょうか?

 

4つのタイプとは言いますが、
特に「なぜタイプ」、「なにタイプ」の人が多く、
それぞれ30%以上になるとのことです。

 

じゃあ、なぜ、なにを重点的に書けばいいの?
というとそういうわけではなくて、
大事なのは人それぞれ行動原理が異なる、
という事実を理解することです。

 

どうすれば人は行動するのか?
というのは非常に難しい問題ではありますが、

 

4つの学習タイプのようなフレームワークを切り口に
読み手の心理をを理解しよう、
という思考習慣を持っていただければと思います。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール