コンテンツビジネスを加速させる非道徳なマインドセット

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

「 今回はコンテンツビジネスでいち早く成果を出したい! 」

「 やる気だけはある!早く稼ぎたい! 」

 

という方に向けて、
強力なマインドセットをお話しますね。

 

これはコンテンツビジネスで
大きな実績を上げている方から直接学んだのですが、

 

その方もこのマインドを習得したことで
収益が跳ね上がったそうです。

 

そのマインドとは、

「 コンテンツを売ってから作る 」

というものです。

 

この話を聞いてどう思うでしょうか?

「 商品があるから販売ができるんじゃないの? 」

と思われるかもしれません。

 

ですが、コンテンツビジネスにおいて
この考え方は何もおかしなところはないのです。

 

今回の記事を読んでいただければ、

 

  • 無駄な労力が一切掛からないビジネスを実現させ
  • 商品を購入してくださった顧客の感謝も大きくなり
  • あなたのビジネス月収が跳ね上がるマインドを理解できます。

 

それだけ強力なマインドになりますので
このコンテンツビジネスの章に含めております。

 

実際に僕自身もこのマインドに基づいて
ビジネスしているところがありますが、

 

お客さんの声を聞きながら
コンテンツをつくっていけるので
逆にwin-winだと感じています。

 

僕の話はさておきさっそく深く入っていきますね。
ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

 

売ってから作るマインド

コンテンツビジネスを加速させるために

「 コンテンツを売ってから作る 」

というマインドが有効であるという話をしました。

 

最初に聞いたときは僕も

「え、そんなことしていいの? 」

と思ったものです。

 

だってこれまでの人生では
商品があってそのうえで購入を決めてきましたらね。

 

世の中で見られる事例としては
高級車販売で見られる「受注生産」に近いかなと。

 

レクサスとかは注文を受けてから製造しているそうです。

 

それではなぜこのマインドが有効なのか?

 

メリットを3つ紹介していきたいと思います。

 

売れないというリスクがない

 

これが最も重要だと思います。

 

インターネットビジネスでは
在庫という概念はないのですが、

販売者側が最も恐れることは


時間と労力をかけて作成したコンテンツが売れないこと。

 

せっかく手間暇かけて作った
コンテンツが売れないのはショックだと思いますよ、、、

 

三日三晩徹夜の末
自分史上最高傑作のコンテンツが完成して販売!
しかしひとつも売れず、みたいな、、、

 

動画、テキスト、会員制サイトすべて無駄になります、、、

 

感情的面もそうですが何より機会損失が大きいです。

 

でも、売ってからコンテンツをつくるなら
売れないというリスクはそもそも存在ないのです。

 

あくまでビジネスとして取り組むのであれば
無駄に時間と労力を費やすのは避けたいですよね。

 

だから必ず売れてから作らないといけないのです。

 

お客さんの欲しいものをつくれる

 

販売してから中身をつくり始めるので
お客さんとコミュニケーションを取ることで
コンテンツにお客さんの希望を反映させることができます。

 

つまり、

コンテンツをつくってから売る、

よりも

売ってからコンテンツをつくる、

ほうがお客さんの満足度を
高めることができるのです。

 

これはある意味当然のことで
販売する前は不特定多数のお客さんをイメージして
コンテンツをつくるしかないのですが

 

販売後だったら、
実際にコンテンツを受け取る
お客さんの悩みを聞いて
その悩みを解決するコンテンツをつくることができます。

 

そのほうが喜んでもらえますよね。

 

つまりお客さんのニーズに
最大限マッチしたコンテンツを
お届けすることができるのです。

 

何度でもテストできる

 

タイトルのとおりです。

 

何度でも試しに売ってみることができます笑

 

結局どれだけ売れそうなコンセプトを考えても
売ってみないとわからない、、、というのが答えです。

 

「 正解は市場しか知らない 」

 

なんて言いますけど、

 

お客さんに提案してみないことには
実際のところはわからないのです。

 

そういう意味では
先にコンテンツをつくるのではなく、

 

「 こういうコンテンツは欲しいですか? 」

 

というくらいのマインドで
お客さんに聞いてみると良いのです。

 

つまりテスト販売ができるということですね。

 

売れなかったらコンテンツ案を練り直して
再度オファーすればいいだけの話ですからね。

 

先に売るを徹底するとどうなるか

ここまでで

「 コンテンツを売ってから作る 」

というマインドのメリットについて解説してきました。

 

実際にコンテンツビジネスに取り組むうえで

 

  • 売れなくても機会損失がない
  • お客さんの欲しいものをつくれる
  • テスト販売をすることができる

 

というメリットはかなり強力ですね。

 

というのも繰り返しになりますが
販売者として最も恐ろしいのは、、、

 

「 時間と労力をかけたのに全く売れないこと 」

 

ですから。

 

そのリスクが排除されるうえに
売れるまで何度もテストできるので、
ビジネスのスピード感は桁違いになるはずです。

 

僕自身も最初はそうでしたが
このマインドへの抵抗を捨てていただき
「まずは売る!」を徹底してみてください。

 

気持ちとしては、
「試しに提案してみる」
というくらいでいいのです。

 

このときに必要なのは商品のコンセプトのみです。

 

要は、

 

目的地はどこで
どのような手段でそこに至るのか?

 

というものです。

 

コンセプトについては正解はありませんが、

 

失敗を恐れず試しに提案する中で
何が良くて何が悪いのか見えてきます。

 

だからどんどん提案しましょう、
ということになりますね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

わがままな生き方を実現する「ロードマップ」を今だけ無料公開

 

僕はまったくの初心者からネット起業して
情報発信ビジネスで7か月目に月収50万円を達成しました。

その後、月収6桁安定、最高月収は70万円を超えました。


現在は、独自コンテンツ販売をしながら、
スモールビジネス構築支援として
個人や、個人事業主の方のコンサルティングもしています。


ブログやSNSでは、出すのをためらうような情報も
こちらの無料メルマガでは惜しみなく発信しています。


自己投資200万円以上で学んだ「正しい知識」
異次元レヴェルの起業家から継承された「スキルの数々」
情報発信ビジネスで、
ゼロから収入を生み出すロードマップをお話しています。


無料メール講座にご登録いただいた方には
ネットビジネススタートアップセミナー3本をプレゼントしています。


さらに、感想提出で有料販売(4,980円)している
有料note(β版)もプレゼントキャンペーン中です!


→メール講座を読んでみる



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール