3つの脳とは|爬虫類脳、哺乳類脳、人間脳について解説

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

あなたのビジネスの売上に直結する
人間の3つの脳について知っていますか?

 

人間の脳は3つの側面をもっていて、
それぞれ特性がまったく異なる、というものです。
ちなみに3つの脳とは以下のとおり。

 

  • 爬虫類脳(反射脳)…脳幹
  • 哺乳類脳(情動脳)…大脳辺緑系
  • 人間脳(理性能)…大脳新皮質

 

このように脳を捉えることを
「脳の三位一体論」といって、
ここから人間の欲求が見えてきます。

 

インターネットビジネスをするうえで
この3つの脳の特性を理解すれば、
人の心理や感情を刺激するアプローチを
することができるようになります。

 

もっと具体的にいうと、

 

「〇〇脳の特性を考えると××と言えば響くだろうな、、、」

 

というように、相手の心理から逆算して
メッセージを送ることができるようになるわけです。
逆算できる、というのは強いですね。

 

このように人の動かし方について、
“脳の特性”という視点で考えることができれば
ビジネスで困ることはなくなりますね。

 

そこで、今回は3つの脳の特性と
3つの脳の知識をどのように
ビジネスに活かしていくばよいのか、
踏み込んでお話していきますね。

 

最後までお付き合いいただければと思います。

 

3つの脳とは(脳の三位一体論)

 

3つの脳(脳の三位一体論)は
神経生理学者ポール・マクリーン博士が提唱したもので、
人間の脳は長い生物の進化を受け継ぎ、

 

爬虫類脳、哺乳類脳、人間脳が
相互に作用してできている、というものです。

 

爬虫類脳は反射、哺乳類脳は情動
人間脳は理性を司っており、相互に作用しつつも
反射と情動に強く引っ張られる傾向があります。

 

たとえば、いわゆる強い衝動というものは、
爬虫類脳(反射脳)から生まれますが、
人間脳(理性)でセーブできないことが多いですよね。

 

それでは、
それぞれの脳の特性について
深く入っていきますね。

 

爬虫類脳:反射脳(脳幹)

 

「脳の三位一体論」では、
脳の一番奥にある「脳幹」に
爬虫類脳があるとされています。

 

これは人間の「反射」を司る脳です。

 

たとえばビックリしたときに
無意識に身体がこわばったりするのは
この爬虫類脳の影響です。

 

また、短期的な欲求を刺激するものに
反射的に飛びつくのもこの脳の性質です。

 

「スマホ完結1日15分で月収100万円!」

 

このように、
爬虫類脳を刺激しようとしている
コピーや宣伝文句には注意が必要ですね。
「反射」を司っていますから、、、

 

さらに、
短期的な欲求に反応するのと対照的に
新しい挑戦を嫌う性質があります。

 

安全を重視して、経験則外のことをしたくない、
人が新しいことになかなか挑戦できない原因が
ここに潜んでいます。

 

まとめると爬虫類脳というのは、

 

  • 反射を司っている
  • 短期的な欲求に反応する
  • 新しい挑戦を避けたがる

 

という性質をもっています。

 

哺乳類脳:情動脳(大脳辺緑系)

 

「脳の三位一体論」では、
脳幹を取り巻く「大脳辺緑系」に
哺乳類脳があるとされています。

 

これは人間の「情動」を司る脳です。

 

哺乳類脳は、
人間の「喜怒哀楽」といった
情動をコントロールする脳です。

 

哺乳類には感情がありますよね。
この感情に従って、愛情表現、
集団行動、危険や恐怖の回避を行います。

 

そして哺乳類は群れで行動することから
集団意識というものが強く作用します。

 

そうすると、
集団に属していたい本能が働くので、
権威性、社会的証明、返報性といった
扇動術が効くのはこんな背景がありますね。

 

哺乳類脳については、
この集団に属していたい
という本能がポイントになりますね。

 

人間脳:理性脳(大脳新皮質)

 

「脳の三位一体論」では
脳の一番外側にある「大脳新皮質」に
人間脳があるとされています。

 

人間脳は理性脳ともいわれ
「論理的に考える」ための脳ですね。

 

爬虫類脳や哺乳類脳との
大きな違いは長期目線でものごとを
考えることができる点です。

 

ただ、この人間脳の働きよりも
爬虫類脳、哺乳類脳の働きの方が
強い傾向があります。

 

人間は理性よりも、
感情や本能(衝動)の生き物というわけです。
「消費者は感情で買って理性で納得する」
ともいわれているとおりですね。

 

人間脳の本質は、
目先の欲求に左右されず
長期の目線で自分の成長や自己実現のための
行動を促すというものです。

 

3つの脳をビジネスに活かす

 

ここまで3つの脳について
その特性を解説してきました。

 

じゃあ実際にビジネスに
どのように活かしていけばよいのか、
3つの脳の特性に沿って見ていきます。

 

大前提として3つの脳は
相互に作用しているのですが、、、

 

理性を司る人間脳は、
度々、爬虫類脳、哺乳類脳の働きに
圧倒されてしまうとされています。

 

影響力で言えば、
爬虫類脳>>哺乳類脳>>人間脳
と理解しておいてください。

 

爬虫類脳に訴求するには

 

爬虫類脳には、
短絡的な欲求を刺激するような
メッセージを送ることが効果的です。

 

「スマホ一台で楽してすぐに稼げる」

「運動も食事制限も不要ですぐに痩せられる」

 

これらはあくまでイメージですが、

 

  • すぐに結果が出ること
  • 楽して結果が出ること

 

爬虫類の脳は
このようなことが大好きです。

 

生存本能に関わる脳なので
“いつ死ぬか分からない”というのが
原動力になっているわけで、
たしかに短絡的にならざるを得ないですね。

 

哺乳類脳に訴求するには

 

哺乳類脳には
感情的価値を提供することや、
好意、権威性、社会的証明といった
扇動に繋がる心理を使うのが有効です。

 

まず、哺乳類脳は
感情をコントロールする脳なので
感情的な価値を届けることで訴求できます。

 

また、

 

「集団に属していたい」

 

という意思が根本にあるので
集団に属していたい、という本能に基づいた
扇動に繋がる心理がダイレクトに響くわけです。

人間脳に訴求するには

 

人間脳には、長期的な目線での
ベネフィットを訴求すると良いですね。
短絡的欲求の刺激で反応しないのが特徴です。

 

この脳は、

  • 表面的よりも根本的
  • フローよりもストック
  • トレンドよりも普遍

 

というワードに反応します。

 

実際、短絡的な欲求を満たすよりも
人間脳で長期的にものごとを捉える方が、
間違いなく人生の質は上がります。

 

ですが、人間脳(理性)よりも
ほかの2つの脳の働きの方が強いのです。

 

つまり、3つの脳が相互に作用しつつも
より原始的(爬虫類、哺乳類)な脳に
理性が強く支配されてしまうわけですね。

 

このように人間の脳は
理性だけでものごとを判断できず、
不合理な側面がたくさんあるものなのです。

 

まとめ

 

今回は人間の脳を3つに分類した
「脳の三位一体論」についてご説明したが、
いかがでしたでしょうか?

 

「脳の三位一体論」
人間の脳の性質を捉えるのに
とてもわかりやすい概念なので
ビジネスにも応用しやすくなっています。

 

理性、情動、反射といった
それぞれの脳の性質を理解することで、

 

人を動かすテクニックを
思いつくようになるなど、
ビジネスで役立てることができます。

 

本記事の内容を
あなたのビジネスと
実力の底上げに活用してください。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

わがままな生き方を実現する「ロードマップ」を今だけ無料公開

 

僕はまったくの初心者からネット起業して
情報発信ビジネスで7か月目に月収50万円を達成しました。

その後、月収6桁安定、最高月収は70万円を超えました。


現在は、独自コンテンツ販売をしながら、
スモールビジネス構築支援として
個人や、個人事業主の方のコンサルティングもしています。


ブログやSNSでは、出すのをためらうような情報も
こちらの無料メルマガでは惜しみなく発信しています。


自己投資200万円以上で学んだ「正しい知識」
異次元レヴェルの起業家から継承された「スキルの数々」
情報発信ビジネスで、
ゼロから収入を生み出すロードマップをお話しています。


無料メール講座にご登録いただいた方には
ネットビジネススタートアップセミナー3本をプレゼントしています。


さらに、感想提出で有料販売(4,980円)している
有料note(β版)もプレゼントキャンペーン中です!


→メール講座を読んでみる



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール