ツイッターのアイコンやヘッダーの設定方法|ポイントや注意点を解説

りょう
こんにちは、りょうです!

>>りょうのプロフィールはこちら

 

ツイッターアカウントを開設したら
初期設定をしていかなければいけません。
で、パッと見の外観の特に大事なのは
アイコンやヘッダーですよね。

 

日常に照らしてみてください。

 

たとえば看板もない、何のお店かもわからない、
中にどんな人がいるかもわからない、、、

 

そんなお店があったとしたら
中に入りたいと思いませんよね?

 

逆に、たとえば、

 

「ラーメン食べたい、、、」

 

と思っている人を集客したければ、

 

ラーメン屋であるという看板を掲げて、
美味しそうなメニューを一覧にして、
活気のある店内の様子が伝わるような
たたずまいの店舗にしておく必要がありますよね。

 

ラーメンを食べたい人が通りがかれば
気になってしまうでしょう。

 

ツイッターでいうところの
アイコンやヘッダーというのは
まさにそんな役割を担うわけです。

 

今回はアカウント設定の際に
ほかのアカウントと差別化するための
アイコンとヘッダーの設定方法について
解説していきたいと思います。

 

ツイッター運用の基礎になりますので、
ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

 

アイコン設定

 

アイコンはほかのユーザーが
あなたのアカウントを見たときに
一番最初に目に触れる部分です。

 

多くの人のアカウントを見てきましたが
アイコンは本当に多種多様です。

 

大切なのは、

 

「自分がフォローされたい属性の人達にはどんなアイコンが響くのか」

 

ということですね。

 

このように、
本来は、自分がどう見られたいか、
どのような属性のユーザーに響かせたいか、
というところから逆算していくと良いです。

 

と、ここまで、ユーザー目線ではこう!
という教科書的な正解を語りましたが、
もっと簡単な考え方を示そうと思います。

 

もちろん、顔出しできる方は
自分の写真を綺麗に掲載するのが
一番良いのですが、、、

 

顔出しできない方は
以下の2つのポイントを意識してください。

 

  • 親しみやすさ
  • 差別化

 

この2つを意識すると
自然とかわいらしい自画像のアイコンを
プロの方に書いてもらうことになります。

 

ココナラ等でお願いすれば
低価格で親しみやすいアイコンを
書いてもらえますよ。

 

【ココナラ】

>>https://coconala.com

 

僕のアイコンも自分の写真をもとに
イラストレーターの方に書いてもらいました!

 

ちなみに画像は、

 

  • サイズ:400 ピクセル × 400 ピクセル
  • ファイルの大きさ:10MB まで
  • ファイル形式:JPEG・PNG

 

で用意してくださいね。

 

ヘッダー画像

 

アイコンの次に目に触れるのが
ヘッダーですね。

 

画像は、

 

  • サイズ:1500 ピクセル × 500 ピクセル
  • ファイルの大きさ:10MB まで
  • ファイル形式:JPEG・PNG

 

でご用意くださいね。

 

考え方はアイコンと同じで大丈夫です。

 

アイコンの方が重要性は高いですが、
ヘッダーにこだっているユーザーも多く
個性を出すことができる部分でもありますね。

 

ヘッダーについても
自分のアカウントを見た人に
与える印象から逆算して設定する、
という考え方でオッケーです。

 

そして、アイコンやプロフィールと
一貫性を持たせることを意識してください。

 

アカウントの方向性や
コンセプトが伝わるようなヘッダーを
自作してみても良いでしょう。

 

りょうのアカウント

 

一応、「りょう」のアカウントを
ひとつの例として掲載しますね。

 

もちろん、これが正解というわけではないですが、
本記事の内容を踏襲したアカウントにしてあります。

アイコンはココナラで作成してもらったもので、
(自分の写真から書いてもらうサービスを利用)
ヘッダーはcanvaというサイトで自作したものです。

 

【canva】

>>https://www.canva.com/ja_jp/

 

ツイッターはプロフィールに
書ける文章量に制限があるので、
プロフィールに書ききれないことを
ヘッダーに文字入れしています。

 

ヘッダーについては、
他のユーザーのアカウントで良いものがあれば、
それを参考にして自作するのも良いでしょう。

 

実際に僕も
参考にしているアカウントの
ヘッダーをマネして自作しています。

 

まとめ

 

今回は、ツイッターアカウントの
アイコンとヘッダー画像の設定について
解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

記事冒頭でお話したとおり
お店でいうところの外観、佇まいが
アカウントのアイコンやヘッダーなのです。

 

ここで手を抜いて
適当な設定にしているアカウントは
想像以上に多いと思います。

 

現に、

 

「それじゃあ伸びないよね、、、」

 

とか

 

「商品を売る気あるのかな、、、」

 

という具合に
ビジネスどころでないアカウントはたくさんあります。
実際、アカウントを添削するときには
まずここをテコ入れするように伝えることが多いです。

 

そもそも発信内容以前の問題だと
気付いてない人が多い、ということですね。

 

本記事を読んでくださったあなたは
アイコン画像、ヘッダー画像についても
抜かりなく設定してくださいね。

 

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

わがままな生き方を実現する「ロードマップ」を今だけ無料公開

 

僕はまったくの初心者からネット起業して
情報発信ビジネスで7か月目に月収50万円を達成しました。

その後、月収6桁安定、最高月収は70万円を超えました。


現在は、独自コンテンツ販売をしながら、
スモールビジネス構築支援として
個人や、個人事業主の方のコンサルティングもしています。


ブログやSNSでは、出すのをためらうような情報も
こちらの無料メルマガでは惜しみなく発信しています。


自己投資200万円以上で学んだ「正しい知識」
異次元レヴェルの起業家から継承された「スキルの数々」
情報発信ビジネスで、
ゼロから収入を生み出すロードマップをお話しています。


無料メール講座にご登録いただいた方には
ネットビジネススタートアップセミナー3本をプレゼントしています。


さらに、感想提出で有料販売(4,980円)している
有料note(β版)もプレゼントキャンペーン中です!


→メール講座を読んでみる



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール